TOP Beauty diet > Column > 高濃度炭酸と美肌の関係〜炭酸泉で美肌になる理由〜

高濃度炭酸と美肌の関係〜炭酸泉で美肌になる理由〜

2014/01/24

美肌のカギは血行にあり

炭酸から得られる美容効果のポイントは「血行促進」です。私たちの体に流れている血は、全身に酸素や栄養を運ぶ役割と溜まった老廃物を流す役割があり、日々の活動だけでなく、健やかな体を作るうえで欠かせない要素。

もちろん美容面においても、血行からケアや改善を考えて行うことは重要なのです。今回は、炭酸美容から得られる効果「血行促進」と「美肌」についてご紹介していきます。

冷えは万病と肌トラブルのもと

女性に多い症状に「冷え」があります。手足など体の末端や、一部、または全身が冷えてしまい、それが原因でさまざまな体調不良を引き起こすことがあります。肩コリや消化器系の不調、生理不順、疲れやすいなどといった症状をはじめとして、肌あれやクスミなどのトラブルをも招いてしまうのです。

「冷えは万病のもと」と言われるように、放っておくと大きな病気まで招いてしてしまうリスクもあるので、油断のできない症状です。

血行不良が与えるお肌へのトラブル

冷えている状態の体は血行が滞り、血液がしっかりと全身に行き渡らない「血行不良」になると、さまざまな肌トラブルを招いてしまいます。代表的なのは顔のくすみや目元のくま、吹き出物。血液のめぐりが滞り、老廃物も溜まったままの状態では新陳代謝が低下。それによってお肌のターンオーバーが乱れ、肌のハリとツヤを失わせるなど、あらゆる肌トラブルに繋がります。

また、冷えやすい女性に多いむくみなども、血行不良による新陳代謝の低下で起こりやすくなります。血行不良は、まさに美肌の大敵と呼べる症状なのです。

医療でも使われる高濃度炭酸の血行促進パワー

そんな血行不良をケアしてくれる炭酸美容、そして炭酸浴。全身に浸かることで、体をポカポカと温め、血行促進をサポートしてくれます。

通常のお風呂とは違って、お湯の温度だけでなく、水に溶け込んだ高濃度炭酸による血管拡張で、血流を促してくれるので効果的です。医療現場では、体の血行促進をすることで傷やケガなどの改善スピードを向上してくれることに着目し、炭酸泉水湿布、足浴が利用されることもあります。

このように、高濃度炭酸を使うことで血行を促進させる方法は、多くの現場でも活用されているのです。

四谷三丁目皮膚科 院長  山田美奈

東京女子医科大学大学院卒業(医学博士号取得)、東京女子医科大学皮膚科学教室に入局し、皮膚科学全般を学ぶ。在籍中に同愛記念病院、済生会栗橋病院勤務を経て、現在は四谷三丁目皮膚科院長。シミ、ホクロ、脱毛のレーザー治療、ケミカルピーリングなどの美容皮膚科治療に対して、その名称がついた当初からの長い実績がある。



シェア Google+

関連記事

P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube