TOP Beauty diet > Column > ダンサーストレッチ…若さと美しさと健康を保つ魔法の習慣

ダンサーストレッチ…若さと美しさと健康を保つ魔法の習慣

2014/06/11

ストレッチって、本当に身体にいいんです!

ストレッチ

ダンサーという私の職業上、毎日必須になっているストレッチ。これって本当に身体にいいんです。気分も身体の巡りも良くなるので、良いこと尽くめ。

今では暇さえあれば、ストレッチせずにはいられない身体になってしまいました。ストレッチがどれだけ気持ち良くて身体にいいものなのか、身体自身が分かっているからでしょう。

また、
・病気をたくさん持っていた方がストレッチを始めたところ、持病が4つも治った。
・不妊に悩んでいた40代の女性がストレッチを始めたところ、無事妊娠した。

…などの例が実際に確認されており、健康面についても驚くほどの効果があります。

ストレッチは「自分の身体との対話」

ストレッチは新体操の選手のように高度な柔軟性を求めるものでない限りは、辛くて苦しいものではありません。

・身体をスイッチオンするためのチューニング
・身体の声に耳を傾けて身体と会話する
・身体を動かして血の巡りを良くする

という風に考えて、「気持ちいいなぁ」と感じられるストレッチを日常のすき間時間に行うことを習慣づけていきましょう。

例えば朝起きた時や夜眠る時、お手洗いに立った時、仕事がひと段落した時など、1日のうちに何度か凝り固まった身体をほぐしてあげるだけで、週に1〜2回のジム通いよりもはるかに良い効果が望めます。頭もスッキリ、仕事の作業効率も上がること間違いなしです。

より効果のある方法でストレッチを

私がオススメするストレッチは、通常のストレッチとPNFストレッチを交互に行う方法です。

PNFストレッチとは:抵抗力を利用したストレッチ法で、スポーツ選手のコンディショニング等に広くとり入れられている方法です(Proprioceptive Neuromuscular Facilitaition:固有受容性神経筋促通法))。通常のストレッチより効果的にストレッチを行うことができます。パートナーストレッチとして2人で行うことも多いのですが、自力で行うこともできます。

例)太もものストレッチ
右ヒザを曲げ右足首を後ろから右手で持って、右太ももの前側を伸ばすストレッチをするとします(5秒程度伸ばします)。その後、右ヒザを伸ばす方向に使い、それに対して手で抵抗するように押し返してみて下さい(こちらも5秒程度伸ばします)。これを2回ずつ繰り返した後、反対側も同様に行いましょう。

このようにすることで程よく筋肉を鍛えながらストレッチを行うことができる上に、身体もより柔らかくなるので、より大きな効果が期待できます。また若さと美しさと健康を保ち、ダンサーのようなしなやかなボディを作るのに最適であると言えます。

脚以外にも首や肩周り、腰など全身あらゆる箇所に応用できます。ぜひ試してみてください。

ダンサー・プロポーショントレーナー  奥原怜美

お肌を元気にするには、ダンサーのような衰え知らずのボディを作ることをお勧めいたします。そのようなボディの上にこそ美しいお肌は生きてきますし、また、美しいお肌を作っていくことができます。普段の立ち振る舞いから意識して、美しいボディを作り上げて行きましょう!



シェア Google+

関連記事

P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube