TOP Beauty diet > News

女性ホルモンは油でできている!? 良質なオイルで女子力UP

エゴマ油などの“オメガ3系”オイルを積極的に摂取して

[拡大写真]

エゴマ油などの“オメガ3系”オイルを積極的に摂取して
 スキンケアやヘアケアで美髪のためにヘアオイル、美肌のために保湿クリームは使うのに、ダイエット中だから…と、食事は「脂抜き」を実践している人は少なくない。「キレイになるにも、ダイエットにも、すべてにおいて一番大切なのは油」と教えてくれたのは、ダイエットカウンセラーで管理栄養士の伊達友美先生。上手なオイルのとり方について話を聞いた。

 「油は栄養素の中でも質が問われる栄養素のひとつなので、質のいい油を積極的にとってください」と伊達先生。“質の良い油”と言われてもピンとこない人は多いと思うが、伊達先生がオススメするのは青魚や旬の生魚、くるみなどに含まれる“オメガ3系”の油。「市販のエゴマ油、アマニ油、シソ油にも多く含まれています」(伊達先生・以下同)。

 油が必要な理由のひとつが、“女性ホルモンは油でできている”から。「不足すると、肌や髪にツヤがなくなって生理が止まったり、トラブルが発生する人もいます」。逆に、女性ホルモンの元となる良質な油を摂れている人は肌や髪が美しく、生理痛も起こりにくいとか。ちなみに、生理前は食欲が増すもの考えている人は多いが、実は大きな間違い。本当は、食欲に変化があるのは問題。「生理の時はそれを起こすエネルギーと、血液のもとになるたんぱく質、ミネラルが必要なんです。それらが不足していると、生理前に身体がそれを補おうとするため、食欲が高まるんです」。

 女性ホルモンを整えるためにも積極的に摂りたい“良質な油”だが、油は熱を加えると酸化しやすいため、火を通さずに摂ると良いとか。オススメの摂り方と量は、「1日でスプーン1〜2杯を、サラダや納豆、お味噌汁などにかける」程度。お腹がすいたときには、くるみや煎り大豆、イチゴやキウイなど種ごと食べられるフルーツを食べると良いんだそう。

 「女性は1ヶ月に1回、身体からの成績表が来る、と考えると良い」と伊達先生。生理前に食欲が増すということは、それだけ身体に必要な栄養を摂取できていないということ。健やかな身体を作るためにも、摂取する栄養と油にこだわって。


関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube

オススメ記事