TOP Beauty diet > News

冷えているのに汗が出る 女性の大敵“冷えのぼせ”とは?

その身体の不調…“冷えのぼせ”が原因かも?

[拡大写真]

その身体の不調…“冷えのぼせ”が原因かも?
 気温30℃を超える日も増え、本格的な夏到来。そんな暑い日でも“冷え”に悩んでいる女性は多い。ピップが女性1万人を対象に調査を行ったところ、20〜50代の63.6%が冷えを自覚しており、そのうち約半数が冷え症より重い症状の“冷えのぼせ”に該当するという。その傾向と対策について、目黒西口クリニックの南雲久美子院長が解説した。

 冷えのぼせの典型的な症状は「普段冷えを感じており、手または足が冷えているのに顔や頭がボーっと熱くなることがある」というもの。「上半身は冷えを感じていないが、手足は冷たいと言われる」「気温・運動など暑くなる条件の後に、胸より上がカーっと熱くなり、汗がどっと出る」という人は冷えのぼせの可能性が高いという。

 南雲先生も「冷えのぼせは冷え症の重度な症状。冷えが続くと頭部が熱くなり、手先・足先の末端との温度差が大きくなることから、冷えとのぼせが混在した“冷えのぼせ”になります。こうなると、自律神経がバランスを崩すため、生理痛やむくみ、めまいなどの症状が悪化したり、寝付きが悪くなる傾向にあります」と危険性を指摘する。

 冷えのぼせは、ほてりを感じやすい顔や脇、指先などは冷やして熱を逃がす“一時ケア”と、首の後ろや腹部、お尻、足首を温めて冷えを改善する“日常ケア”を行うことが大切。特に、効率的に全身を温めることができる首の後ろがポイント。「ここを温めることで、自律神経のバランスが整います。寝る直前に首を温めながら腹式呼吸をして、頭を空っぽにするのも効果的です」(南雲先生)。

 タオルを濡らして電子レンジで温める蒸しタオルも効果的だが、市販の温熱製品を使用すると温度が持続しやすい。電子レンジで2分弱温めるだけで、温熱効果が約30分持続する温熱パット『夢みるここちのピップほっとリフレ』(ピップ/9月3日発売)をはじめとした製品は、繰り返し使えるため経済的なのも魅力。冷えのぼせ改善に、生活に取り入れてみては?


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube

オススメ記事