TOP Beauty diet > News

女性のバスタイム、“賢く美容”は万国共通?

バスタイムの過ごし方は、国や地域によってさまざま

[拡大写真]

バスタイムの過ごし方は、国や地域によってさまざま
 ヒット作『テルマエ・ロマエ』で、日本の“お風呂事情”がクローズアップされたように、バスタイムの過ごし方は、国や時代によってさまざま。ボディケアブランド「ジョンソンボディケア」が、東京、ニューヨーク(以下NY)、パリに住む20、30代の未婚女性を対象に実施した“バスタイム”に関する意識調査によると、 入浴時間や習慣の違いなど、各都市それぞれの“こだわり”が浮かび上がってきた。

 まずは、「バスタイムの意味合い」について見ていこう(複数回答)。東京とNYが【体を清潔に保つため】を理由に挙げるなか、パリでは【リラックス・癒やしのため】がトップ。この2つの要素が3都市とも上位2位を独占したが、それぞれ【リセット・リフレッシュのため】、【美容のため】が占める割合も大きかった。バスタイムが単に体を洗い流すだけでなく、“気分転換”や“美のメソッド”になるという考えは万国共通なのかもしれない。

 各都市で特に大きく違いが出たのは、「体や頭を洗う以外で定期的にしていることは?」(複数回答)の設問。結果を見ていくと、東京は【湯船に浸かる】【ボディケア】【フェイスケア】、NYは【音楽を聴く】 【フェイスケア】【ボディケア/ゲーム(同率)】、パリは【ボディケア】【音楽を聴く】【フェイスケア】がTOP3を占め、リラックスしながらも美容対策に余念がない、各都市の女性たちのライフスタイルが浮き彫りになった。

 体を洗う際には【汚れをしっかり落とす】ことのほか、各都市【こすりすぎない】、【うるおいを保つ】ことも上位に選ばれ、お肌を気遣う様子が明らかに。そんな女性たちが「洗う時に使用するもの」は、【手】がNY(25.0%)とパリ(51.0%)で1位。東京でも手は2位という結果で、2012年の同調査データと 比べると伸び率が高い。アイテムを使うよりも、肌にやさしい手で洗うことが世界中でトレンドになっているのかも。

 また、東京とNYでは【ボディーソープ】(東京:71.2%/NY:61.5%)を使い、パリでは【シャワージェル】(83.7%)を使って体を洗っていることが判明。「現在使っているボディ洗浄料に満足しているか?」の問いでは、海外に比べ日本女性の【満足しているが、いい物があれば変えたい】という美への好奇心が浮かび上がり、【香りの良さ】や【価格】に加え、【美容成分】や【洗いあがりのしっとりさ】に関心が高いことがわかった。これらの結果から同社では、東京が「欲張り美容型」、NYが「ながら美容型」、パリが「洗練美容型」と、各都市のバスタイムを考察している。

 たとえ住む場所は違っても、単に体をキレイに保つためだけでなく、リフレッシュも美容対策も怠らない。 今回の結果からは、バスタイムも有効利用して楽しむそんな女性たちの賢い姿と、各国現代女性の多様化したおふろ事情が見えてきた。

【調査概要】
人数:東京(日本)、ニューヨーク(アメリカ)、パリ(フランス)の各都市100名、計300名
対象:20代〜30代の働く未婚女性
期間:2014年6月27日〜7月7日

⇒「世界3都市のバスタイム調査」をもっと詳しく見る!
◆「ジョンソンボディケア」 公式サイト

関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube