TOP Beauty diet > News

アラフォー女性は“オヤジ臭”に注意

女性は香水やコロンなどをしているせいか、自身の加齢臭に気づきにくいとか

[拡大写真]

女性は香水やコロンなどをしているせいか、自身の加齢臭に気づきにくいとか
 別名“オヤジ臭”の呼び名から、中年男性ならではというイメージが強い加齢臭だが、歳を重ねることで女性にも至極当然に現れる老化現象のひとつ。男女共に40代から発生すると言われているが、医療・美容ジャーナリストの宇山恵子さんによると、女性はホルモンバランスが乱れやすくなる30代半ば頃から、カラダのニオイケアに注意が必要だという。

 ろうそくやチーズ、古本の臭いに似ていると表現される加齢臭は、皮脂が酸化することで発生。汗腺が多い部位や、肌同士が常に触れ合う部分から出やすく、特に耳の裏や脇の下、陰部まわりが臭いやすいと言われている。

 加齢臭が分泌されるメカニズムは男女共通だが、オンナの加齢臭を誘発する要因には、ホルモンバランスの乱れが大きくかかわってくる。女性ホルモンは減少が加速する35歳頃から乱れやすくなり、それによって体が酸化しやすくなってしまうとか。「女性ホルモンには体の臭いを抑える働きがあるため、若い時は男性に比べて臭いを感じにくいのですが、30代後半からはその力がなくなるので、女性もニオイケアに意識した方がよいでしょう」(宇山さん)。

 ホルモンバランスの乱れの原因は、加齢だけにとどまらない。加工食品といった添加物の多い食事や睡眠不足、無理なダイエットなど、不規則な生活をはじめ、過度なストレスも悪の発端になるという。そこで、宇山さんが加齢臭の出にくいカラダを作る4つのポイントを伝授。日頃からホルモンバランスを整える生活を意識して、いつまでも素敵なオトナの女性を目指して。

【1】自分の生理周期を知る
生理周期のバラつきは、ホルモンバランスが乱れているサイン。生理の開始日と終了日のチェックはもちろん、毎日基礎体温をメモしておけば、自分のカラダをもっとよく知ることができる。

【2】カラダを酸化させない食生活を
ビタミンE、A、Cなどの抗酸化力のある食材を積極的に! また、脂っこい食事をした次の日は野菜を多く摂るなど、メリハリのある食生活を心がけて。

【3】太りすぎず、痩せすぎない
女性ホルモンのバランスが良いのは、ほどよく脂肪がついたカラダ。平均的な体重をキープするのがベスト。

【4】ストレス発散方法を用意しておく
気分をリラックスさせるために、好きなアロマをかいだり、思いっきりカラダを動かしたり、友だちと買い物に出かけたり…ストレスを感じないようにすることは難しいけれど、溜め込まない努力を。


関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube