TOP Beauty diet > News

おっぱいから崩れていく! 生活に潜む“たるみ”習慣

ボディラインのたるみは加齢のせいだけでもなく、悪しき生活習慣によって引き起こされることが…

[拡大写真]

ボディラインのたるみは加齢のせいだけでもなく、悪しき生活習慣によって引き起こされることが…
 「手を振ると二の腕がプルプルする」「腰の肉がパンツにのってしまう」など、“カラダのたるみ”に戸惑いを感じている大人女性は多いはず。「カラダはバストからはじまり、ヒップ、二の腕、顔の順番でたるんでいきます」と語るのは、女性の体型変化について詳しいダイアナの小野由加子さん。さらに、ボディラインのたるみは加齢のせいだけでもなく、悪しき生活習慣によって引き起こされることがあるとか。気になるその原因とは…?

 カラダのたるみは「柔らかい」「あまり筋肉がない」「むくみやすい」部分から始まるという。たるみの原因として小野さんが挙げるのが、“血流の悪さ”。例えば、スマートフォンを1日に何時間もいじっている人は、たるみやすいカラダになりやすいんだそう。

 「スマホを触る時、自然と首が下に向き猫背になってしまいますよね。そうすると、肩甲骨が筋肉の層を押し上げ毛細血管を圧迫し、背中の血流が悪くなり、全身影響を与えてしまうのです」(小野さん・以下同)。

 日々正しい姿勢を意識していることも大切ではあるものの、血流を促進させるためにも、たるみを作りにくくするためにも、“良い筋肉”が重要という小野さん。「血液や筋肉を作るために必要なタンパク質を摂り、バランスの良い食生活をすること。それが基本的なことで、基盤にもなります」。たるみが気になるからと無理なダイエットをしたり、偏った食生活をしていると、カラダが冷えるなどして血流が悪くなるばかりか、“良い筋肉”も養えないという悪循環に陥るのでご注意を。

 たるみにくいカラダ作りにはほかにも、半身浴や水分補給などによるデトックス生活、リンパマッサージなども。「リンパマッサージはテレビを見ながらでも、自分で簡単にできるのでぜひ試してみてくださいね」。

【PROFILE】小野由加子さん ダイアナ

ダイアナのプロポーションコンサルタントとして、プロポーションカウンセラー指導やプロポーション・コンテストの審査員を務める。テレビ・雑誌など多方面でも活躍し、2015年4月まで、ソラトニワ銀座ラジオ「レディすぽ!」内の「Beauty Body Project」コーナーを担当するなど幅白く活躍。


関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube