TOP Beauty diet > News

カラダを冷え&乾燥から守る“ホットヨーグルト”のススメ

アレンジもいろいろ! 管理栄養士の堀知佐子さんのオススメは『甘酒ホットヨーグルト』

[拡大写真]

アレンジもいろいろ! 管理栄養士の堀知佐子さんのオススメは『甘酒ホットヨーグルト』
 健康はもちろん、キレイを作る食材としてもお馴染みのヨーグルト。毎日の食事に取り入れているという人は多いと思うけれど、冬は温めて食べる“ホットヨーグルト”がオススメ。40℃程度に温めることで乳酸菌が活性化し、免疫力アップや腸内バランス調整、カラダの冷え改善をサポート。また、血流が良くなることで冬のお悩みのひとつであるお肌の乾燥対策にもなるんだとか。

 冬を元気に乗り切るためには、免疫機能や全身の血流、新陳代謝を良くすることを意識することが重要だけど、そのためには「腸内環境を整えてくれる発酵食品を摂り続けることが大切」と小林メディカルクリニック東京の小林暁子院長。

 「腸内環境のバランスを整えることで、血流が良くなり、カラダも冷えにくくなります。また、温かいものを摂ると、冬は特に下がりやすい副交感神経の働きがアップして自律神経のバランスが整えられます」(小林院長)。もともと腸内環境を整える食材として知られるヨーグルトだけど、温めることでさらにメリットが高まり、「ホットヨーグルトは冬の体調管理にはまさに適役」なんだそう。

 電子レンジなどで温めるだけなので、日々の調理に活かしやすいというお手軽さも嬉しいポイント。「ヨーグルトは温めることでサラサラとした液状に近くなります」と話すのは、管理栄養士の堀知佐子さん。温めることで酸味が和らぎ、「飲み物、スープ、カレー、デザートなど、どんな料理にも使いやすくなるのが魅力」なんだとか。

 朝昼晩の献立のデザートやおやつ、小腹が空いた時など、食事に取り入れやすいヨーグルト。この冬はひと手間加えたホットヨーグルトで健康ボディを目指して!


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube