TOP Beauty diet > News

「太ることが怖かった」 菅井悦子さんが語る“美しく痩せる”ということ

「食べることをいつもセーブしていた」と過去を振り返った菅井悦子さん

[拡大写真]

「食べることをいつもセーブしていた」と過去を振り返った菅井悦子さん
 多くの女性たちから羨望の眼差しで見つめられているモデルたち。世界的に“痩せすぎモデル”が問題視されているけれど、スレンダーな体型が女性たちの憧れである以上、モデルたちもその“理想体型”に自分を合わせていくしかない。人気モデルの菅井悦子さんもそんな風に考えていた1人だったとか。

◆食べることをセーブしていたあの頃

 体重を増やしたくない一心で、食事量を制限していた時代もあるという菅井さん。「もともと食が細かったこともあるのですが、体重を増やしたくない一心で、食べることをいつもセーブしていたんです。普段の食事量も『鳥のエサ?』というぐらい少なかったし、2〜3日間断食をすることもありました」(菅井さん・以下同)。

 そんな菅井さんの転機は、20代後半の頃に始めたヨガ。きっかけは「オシャレな人たちがやっていたから」だったものの夢中になり、09年にインストラクターの資格。さらに、14年からはウエイトトレーニングもスタート。その時、トレーニング法をアドバイスしてくれていた男性に「断食なんてナンセンス。ちゃんと食べて体を動かさなきゃ」と言われ、食生活の改善にも取り組むことに…。

 とはいえ、最初のうちは「食べないことに慣れていたので、食べると太るんじゃないかと怖かった」とか。「3ヶ月ぐらいたってようやく、いっぱい食べて排出する方が体に良いと感じられるようになり、『食べることは生きること』という、当たり前のことに気付かされました」。

◆「食事をするように人生も楽しくなった」

 “トレーニングの師匠”となった前述の男性に教えてもらいながら、体作りに適した食生活とウエイトトレーニングを実践。やがて筋肉量が増え、基礎代謝も上がっていくように。日々の食事も「筋肉を作りたいなら、筋肉を修復する材料を体に入れなさい」と言われたことから、タンパク質を意識したメニュー構成に。「タンパク質は血管や肌、髪などの原料で、何もしなくても毎日体重の0.1%分が失われ、トレーニング中はさらに減るので補充する必要がある、と教えられて。なんて大切な栄養素なのだと気付きました」。

 意識が変わり、食生活が変わり、ライフスタイルが変わる――。そうして菅井さんの体はしなやかな筋肉をまとった、健康的な美ラインへと変化していったんだそう。それらの変化は人生に大きく影響し、モデルとしての活動はもちろんのこと、ヨガインストラクターとして書籍を発売するなど、以前よりも活動の幅が広がることに。また、15年2月に前述の “トレーニングの師匠”が人生の伴侶になるなどプライベートにも大きな転機が訪れることに。

 「食事をするようになって人生も楽しくなった」と語る菅井さん。そのヘルシーボディと幸福そうな笑顔は、多くの女性たちに“美しく痩せる”ヒントを教えてくれるはず。


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube