TOP Beauty Diet > お風呂timeを上手に活用!「冷えから来るむくみ」を“ながら”で解消

お風呂timeを上手に活用!「冷えから来るむくみ」を“ながら”で解消

お風呂timeを上手に活用!「冷えから来るむくみ」を“ながら”で解消

冬の体重増とむくみについて考えてみる

 この冬に体重が増加したり、手足のむくみに悩んでいた人は多いはず。なぜ太ってしまうのか、なぜむくんでしまうのか。その理由について考えてみました。自分の生活を振り返って、原因を確認してみて。

この冬に太った人はいっぱい!

 冬に太ったと感じる人は多いよう。ダイエット食品『マイクロダイエット』を展開するサニーヘルス社が全国の20歳〜69歳までの男女を対象に行った調査でも、71.7%の人が「お正月に太った」と回答しています。年末の忘年会やクリスマスパーティー、お正月、新年会、バレンタインなど、冬はイベントが多く、つい食べ過ぎてしまうことも理由のひとつ。普段は節制している人でも、「今日ぐらいはまぁいっか」と、ケーキや揚げ物などを食べてしまいやすいのです。

 また、寒さを理由に動かなくなり、春・夏・秋より消費カロリーが少ないこともあるでしょう。しかも、冬はモコモコのニットやコートなどでボディラインが隠れるため、体型の変化に気づきにくいのもあるよう。入浴前など裸になった時にボディチェックを行うのも大切といえそうです。

寒いとむくみやすい? その理由は?

 さらに、冬はむくみやすい時期と言われています。フット&レッグケア商品の総合ブランド『ドクター・ショール』を展開しているレキットベンキーザー・ジャパンに、冬のむくみについてうかがいました。

「冬の寒さによる冷えにより、血液やリンパ液のめぐりが悪くなることで、普段以上に足に水分が滞ってしまい、足がむくみやすくなります。むくみの原因の1つに運動不足による足のポンプ機能の低下もありますので、寒くて運動できないことが原因という方もいるかもしれません」。やはり、しっかり身体を動かすことが大切なんですね。

 では、むくみを解消するためには、何をすればよいでしょうか?「血液やリンパ液を流すには、筋肉の動きが必要になります。女性は男性に比べると筋肉が少ないために、足に血液やリンパ液が滞りやすく、むくみが起こりがちです。筋肉を動かすことで、筋肉が収縮や弛緩し、それがポンプの役割を果たすことで、滞った血液やリンパ液を流し、むくみの改善につながります」(同)。

 筋肉を活性化させるストレッチやエクササイズを行ったり、リンパドレナージュ(リンパマッサージ)でリンパ液を流してあげることも効果的。また、下半身を温めてあげることも、むくみ改善には大切とのこと。運動をする時間が取れないという人は、寝る前の10分間でマッサージを行ったり、入浴で身体を温めるなどして、対策を行ってみるとよさそうです。

INFORMATION

『くつろぎメディキュット ショート コットンタオル風』
『くつろぎメディキュット 足指リフレッシュ ロング』

 今回アドバイスをいただいたレキットベンキーザー・ジャパンといえば、程よい圧力でくつろぎながら美脚ケアができると評判の『メディキュット』シリーズ。新たに、コットンタオル風素材の『くつろぎメディキュット ショート コットンタオル風』、「足裏アーチ着圧」と「足指セパレーター」を備えた『くつろぎメディキュット 足指リフレッシュ ロング』が発売されました。好評の『寝ながらメディキュット 』(ロング/ショート)もリニューアルされ、さらに心地よい履き心地に。

【おすすめ記事】

♪花粉による肌トラブルを上手にケア♪
「美人ブス」「ブス美人」におぐねーが喝! みんなの美容意識大調査
ダイエット本がロングヒット
カロリー約2/3 「小麦ふすま」のロールケーキ
「ほうれい線」1cm伸びると“見た目年齢” 6歳上昇

1 2 3 >

シェア Google+

おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube