TOP Beauty Diet > 動画で紹介 整顔マッサージでエイジングケア

動画で紹介 整顔マッサージでエイジングケア

動画で紹介 整顔マッサージでエイジングケア
 ほうれい線や目尻のシワ、二重あご…大人になるにつれて気になってくる、エイジング現象。1日わずか5分「押す」「もみほぐす」「引き上げる」の3つの動きだけでリフトアップやエイジングケアができる嬉しい顔マッサージの方法とポイントを、整顔師、美容師、整体師の田沼邦彦先生に教えていただきました。(モデル:安岡あゆみ)

マッサージは筋トレ 続けることで形状記憶に


――1日5分でエイジングケアができる「整顔マッサージ」とはどんなものですか?

【田沼邦彦先生】私のおすすめするこのマッサージは、肌ではなくその中にある筋肉を刺激する方法なんです。このマッサージで刺激を与えると、たるみやむくみにつながる老廃物が流れて筋肉が引き上がるようになり、続けていくことで形状記憶のような状態になります。目尻が上がったり、ほうれい線が薄くなったり、二重あごが減るなど、嬉しい効果にもつながりますよ。

 年齢を重ねるとまぶたが腫れぼったくなりがちですよね。それはまぶたに老廃物が溜まっているということなんです。それを流すことによって、目がパッチリします。最近はパソコンやスマホで目を酷使している方が多いですが、そういう方は、目の筋肉が緊張している状態。緩めてあげることによって筋肉のコリも解消し、視野が明るくなりますよ。

――クリームなど化粧品は使いますか?

【田沼先生】一般的なマッサージの場合、皮膚が擦れて負担をかけることのないようにと、クリームやオイルを使用することが多いかと思います。このマッサージは、皮膚の中の筋肉をトレーニングしているような状態なので、皮膚に負担をかけるような動きはなく使う必要はありません。フルメイクの上からマッサージしても、メイク崩れをほとんど気にすることなくできますよ。

フルメイクの上からでもOK 合コン前にオススメ


――どのようなサイクルでマッサージを行うといいですか?

【田沼先生】皆さんはメイクをするとき、朝きちんとメイクしてから外出をして、崩れた部分などがあった場合に直しますよね? それと同じように、寝る前や起きた朝などに1回12ステップ全てをやることがおすすめ。慣れてくると何も見なくても全ての工程を約5分で終えられるようになります。そのあと、自分の気になる部分があればそこを重点的にピックアップして行うと、さらに効果が期待できます。

――毎回12ステップ全てをやらなければダメですか?

【田沼先生】そんなことはありません。もちろん毎日12ステップをやることをオススメしますが、気になる部分だけでも十分効果は期待できます。

――このマッサージはどんなときにおすすめですか?

【田沼先生】寝不足や二日酔いの朝、忙しく疲れが顔に出てきたときにおすすめですね。メイクを落とさずにできるので、ちょっとした時間に是非トライしてください。さら面談など自分が「これから勝負!」と思う前日に12ステップ全てのマッサージをやると、当日のメイクのノリが全然違います。もちろんに合コン前のメイク直しのときにもおすすめします(笑)。

3つの基本動作のポイントをご紹介

 基本の動作は「押す」、「もみほぐす」、「引き上げる」の3つ。自分の肌をつまんでみると、ほかより硬く感じるところをマッサージ。肌の奥にある筋肉まで届くように押して刺激しましょう。放っておくとシワやたるみの原因になるので注意!
【押す】

ギューっと押し込まずソフトで“イタ気持ちいい”と言われる力具合で。ゆっくりと「1、2、3」数えて「3」で少し強めに押してから指1本分ずつ移動しましょう。
【もみほぐす】

指先で軽くつまみ上げるようにもみほぐします。力を入れすぎず老廃物が溜まって硬くなった筋肉を刺激してください。
【引き上げる】

優しくゆっくりと滑らせるように移動しましょう。強く擦ると皮膚を傷つけてしまうだけでなく伸びてしまうので注意!


田沼邦彦 -profile-
整顔師、美容師、整体師。47歳のとき脳梗塞で左半身と顔面マヒの後遺症が残るが自らの身体の治療のために整体師の資格を取得。整体の技術をベースにつくった手法「整顔マッサージ」によりマヒが回復。顔の老化に悩む人へ向けてこの手法の施術を行ったり、セミナーを開催している。
『ぐるぐる押してみるみる10歳若返る! 整顔マッサージ』
著者:田沼邦彦
定価:税込1512円
発行:学研パブリッシング

1日5分のマッサージで、シワ、たるみ、むくみなど気になる悩みを解消してくれる「整顔マッサージ」を紹介。自宅でもできる詳しい解説付き。

*関連リンク*

1 2 >

シェア Google+

おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube

オススメ記事