TOP Beauty Diet > 【美女賢磨】今日から役立つキレイのヒント「菅井悦子〜Vol.3 スキンケア編」

【美女賢磨】今日から役立つキレイのヒント「菅井悦子〜Vol.3 スキンケア編」

【美女賢磨】今日から役立つキレイのヒント「菅井悦子〜Vol.3 スキンケア編」
各界で活躍する美女たちのビューティーライフを、約1ヶ月にわたりご紹介する「美女賢磨」。今回はモデルとヨガ講師という2つの顔を持つ菅井悦子さんに、スキンケアの極意を伺いました。

スキンケア法はシンプル! でも基礎化粧品にはこだわりが

PHOTO:福田秀世(Linx)

PHOTO:福田秀世(Linx)

いかに自分にあう化粧品を使うかが重要
 見事なボディラインはもちろん、素肌の美しさも魅力的な菅井さん。トレーニング同様、かなりこだわっているのかと思いきや、スキンケアはちょっと違うみたいです。

 「肌が丈夫なようで、フェイスケアはどんな基礎化粧品を使ってもトラブルになったことがないんです。だから、ケア法はすごくシンプル。洗顔後に化粧水をつけたら、日によってクリームかオイルをチョイスする…という具合です。この冬は原点回帰で、馬油をよく使っています。髪の毛先にも使えるので使い勝手がいいんですよ。私の場合、やや横着なところがあるので(笑)、毎日スチームを浴びたり、パックしたりすることはないですね」。

 基本的なスキンケアだけで、美肌をキープできるなんてうらやましい限りですが、使う基礎化粧品にはやはりこだわりがあるそう。

 「スキンケアがシンプルな分、いかに自分にあう化粧品を使うのかが肝なのかな、と思います。例えば、私はオイルケアがあっているけど、オイルがダメな人も当然いるので、きちんと試してみることは大切。実際、私も色々試しています。あと、化粧品を買うときは成分を見て、香料や余計なものが入っていないものをチョイスするようにしています」。
(写真・左)チャントアチャームの化粧水&クリームは香りがとても良く、つけながら癒されます。昔ながらの馬油は添加物のないものをチョイス。今使っているのは福岡に行った時にデパートで買いました。
(写真・右)オレオスパのオリーブオイル! 肌用ですがボトルも可愛くてお気に入りです。髪にも肌にも使っています。

ボディは乾燥しやすいため「しっかりケア」が必須

人工的な香料や成分に敏感な身体に
 フェイススキンケアは大らかなスタイルでも良いものの、首から下のボディは乾燥肌で大変という菅井さん。特にこの季節は苦労するそうです。「乾燥する上にかゆくなってしまうので、腕や脚だけでなく、背中まできちんとクリームを塗っています。今は、皮膚科でも採用されている敏感肌用のスキンケアシリーズのボディクリームを愛用中」だとか。

 厳選したボディクリームでしっかりケアするけれど、高級品などへのこだわり、という考えではなく「テクスチャーがどっしりした感じで、私はすごく合っているみたいです。病院や薬局だけでなく、ドラッグストアや輸入生活雑貨店などでも買えるので、比較的手に入れやすいのもいいですね」。

 「好きなスキンケアブランドもありますが、化粧水からクリームまで1ブランドで使うというよりは、好きなものを楽しんで色々使っていますね。やはり肌につけるものなので、天然の方がいいのかなとは思います」。その選択にも理由があるそうで「衣服に残っていた柔軟剤の香りで具合が悪くなるくらい、人工的な香料や成分にどんどん敏感になっているみたい。最近は洗濯するときも、添加物の多い洗剤や柔軟剤は使わず、セスキ炭酸ソーダとクエン酸だけ使っています」。
(写真)ラロッシュポゼのボディクリームは超乾燥肌ボディの私でもOK。体は毎年ひどく乾燥するのだけど、今年はこれで乾燥知らず。敏感肌の方にも対応していてメイク落としもおすすめです。しみない!!よく落ちる!すばらしいです!

夏は日焼けも楽しみつつ、食事で美肌の土台を作る

美肌にも毎日の食事が大切
 冬はボディの乾燥対策で大変ということですが、夏はほとんどスキンケアのことを気にしていないとか。しかも、徹底して美白するというよりは、夏っぽく健康的な肌色を目指しているそう。

 「モデルとしてはどうかな、と思いつつも日焼けは楽しむ方ですね(笑)。とは言え、日焼け止めは毎日きちんと塗るようにしていますし、ちょっと日に当たり過ぎたなと思ったら、美白美容液を使うなど、最低限のケアはしています」。

 また、美肌にはいわゆるスキンケアだけでなく、食事も大切という菅井さん。そして「インナービューティー編」に引き続き、タンパク質の重要性を力説!

 「コラーゲン入りの化粧品って、今ではドラッグストアなどで簡単に手に入りますが、コラーゲンはそもそも肌からはほとんど吸収されないので、タンパク質を含んだ食品をとって内側から補わないといけないものなんです。だから、美肌も含めて、女性が美しくあるために基本を突き詰めると食事が大切、ということになるのかな」。

 毎日の食事でタンパク質をしっかりとって、土台となる皮膚をきちんと作り、その上でスキンケアすることの大切さを教えてくれた菅井さん。これこそがシンプルなスキンケア法で美肌をキープできる秘訣なのですね。

(タイトルPHOTO:最上裕美子/ 文:秋月美和)

Information

「ココロとカラダが楽になる ちょいヨガ」(高橋書店/税抜1200円)
現役モデルとして各メディアで活躍する傍ら、講師として多くの生徒さんにヨガを教えている菅井さん。ヨガをやったことのない人や、教室にはなかなか通えないという人におすすめなのが、2年前に菅井さんが出版したこちらの本。初心者でもすぐできる簡単なヨガを中心に紹介されている上に、写真を多用しており、わかりやすいのがポイントです。

Profile

菅井悦子
仙台在住時に、雑誌『non-no』(集英社)のノンノフレンドとしてモデルデビュー。その後、『non-no』専属モデルを経て、様々な雑誌やCMなどで活躍。2009年、全米ヨガアライアンスを取得し、現在はレストラティブヨガ、マタニティヨガなど様々なヨガの講師として活躍。ブログでは、自ら講師を務めるヨガのワークショップの募集も行っている。
菅井悦子公式BLOG:http://ameblo.jp/sugai-etsuko/
シェア Google+

関連リンク

おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube