TOP Beauty Diet > 【美女賢磨】今日から役立つキレイのヒント「菅井悦子〜Vol.4 メイク編」

【美女賢磨】今日から役立つキレイのヒント「菅井悦子〜Vol.4 メイク編」

【美女賢磨】今日から役立つキレイのヒント「菅井悦子〜Vol.4 メイク編」
モデルとヨガ講師を両立している菅井悦子さんのビューティーライフを、約1ヶ月にわたりご紹介してきた「美女賢磨」。最終回の今回は、ナチュラルなのに魅力たっぷりな菅井さんのメイク術についてお伺いしました!

簡単にポイントのみ やり過ぎないシンプルメイク

PHOTO:福田秀世(Linx)

PHOTO:福田秀世(Linx)

いかに簡単に済ませるかがポイント
 菅井さんと言えば、まさに“健康美”という言葉がぴったり。それもあってか、普段はしっかりメイクするというよりは、あっさり&ササッとすませるのが基本だとか。

 「私、実はメイクが下手なんですよ。今になってアイラインの練習しているぐらいですから(笑)。なので、プライベートではバッチリメイクすることはあまりないですね。今日も下地を塗ってから、ちょっとだけコンシーラーをたたいて、アイラインを引いて、マスカラをつけたぐらいです。ヨガやウエイトトレーニングのときも、しっかりメイクしても落ちちゃうので、やはりシンプルメイクが基本です」。

 ベースとアイラインだけで、マスカラをしないことも多いそう。しかもマスカラは、お湯でオフできるものしか使わないのだとか。メイクのポイントを聞いてみると「私の場合、いかに簡単に毎日のメイクを済ませるかが1番のポイントかも。そもそも、眉毛はしっかりある方だし、鼻は低いけれど各パーツがそこそこ主張しているから、ちょっとメイクしただけで『しっかり化粧してるね!』と言われることもあるぐらい(笑)。だから、きっちりメイクするとかえってやり過ぎ感が出てしまうんです」というのがシンプルメイクに行き着いた理由のひとつなのだそう。

「キレイに描こうとしなくていい」と言われて気がラクに

一般人の女の子のブログも参考に
 特に苦戦したのが、まつげの間を埋めるようにアイラインを引くというテクニックだっったそうで、思い切って旧知のヘアメイクさんに相談。「そうしたら、『できない人はうまくやろうとしなくていいの。とにかくデコボコになってもいいから、なるべく目の際の近くにアイラインを引くようにしてみて。あとはめん棒や指でボカせばOK!』と教えてくれたんです。それからは、別にキレイに描こうとしなくていいんだと、気がラクになりました。私と同じようにメイクが苦手だと思っている人にも、ぜひ実践してもらいたいですね」。

 基本はシンプルメイクと言いつつも、現役モデルとして長年活躍しているから、メイクに対しての知識はかなり豊富になったそう。「例えば、ファンデーションを2色使って、濃い方を顔のサイドに入れて小顔に見せたり、鼻の脇に入れて立体感を出す、といったテクニックを取り入れることもありますね。また、メイクの上手な一般人の女の子のブログなどを見て、『こんな風にすればいいんだ!』と参考にすることもありますよ」。

プチプラでもOK 使い勝手が良く高品質のコスメを

『スキンケア編』で登場した敏感肌用ラロッシュポゼのボディクリームとメイク落とし

『スキンケア編』で登場した敏感肌用ラロッシュポゼのボディクリームとメイク落とし

モデル仲間と情報交換して見つけることも
 メイクはシンプルながらも、使っているコスメアイテムにはかなりこだわりがある様子。撮影現場でヘアメイクさんが使っているものをこっそり見てチェックしたり、モデル仲間と情報交換を行って、お気に入りを見つけているそう。

 「以前、メイクさんがプチプラのアイライナーを使っていて、『安いものでもいいんだ!』と目からウロコが落ちる思いがしました(笑)。その後すぐドラッグストアへ買いに行きました。それ以降、コスメは値段じゃなくて使い勝手の良さや品質の高さを基準に選んでいますね。最近のお気に入りは、『スキンケア編』でもお話しした敏感肌用のスキンケアラインから出ているメイク下地。モデル仲間からずっと『これいいよ!』と聞いていたんですが、実際使ってみたら薄いベールがかかるような感じで肌のトーンが明るくなり、それでいてかさつかないのでヘビロテです!」。
トップスがゆるい分、下半身はピタリと。足首がもたつく場合には補正しちゃうこともあります。ここでブーツもいいけど、スニーカー大好きな私としては、春らしい色のスニーカーで合わせてハードになりすぎないように。

トップスがゆるい分、下半身はピタリと。足首がもたつく場合には補正しちゃうこともあります。ここでブーツもいいけど、スニーカー大好きな私としては、春らしい色のスニーカーで合わせてハードになりすぎないように。

ファッションも値段やブランドにこだわらない
 また、ファッションもメイク同様シンプルテイストが基本。値段やブランドにこだわらず、ファストファッションのお店にもよく行き、お気に入りのアイテムを探すのが好きなのだとか。

 さらにトレーニングを始めてからは、服の選び方に変化が出ているんだそう。「以前は体型を隠そうと、フワッとしたトップスばかり着ていましたが、今はスッキリしたものも選ぶようになりました。また、トップスがダボッとしていたらボトムはスッキリさせたり、それを逆にしたりと、上下でバランスを考えてスタイリングしています。最近は、どこかがキュッとしまったアイテムが好きで、かわいいパンツなのに足首がゆるくてイマイチ、なんてときは、主人にミシンで詰めてもらって、好みのテイストに作り替えています(笑)」。

 メイクもファッションも飾り過ぎずとてもナチュラルなのに、女性らしい美しさに溢れている菅井さん。でもそれは、日々身体を磨くことが自信につながって、内面から美しさがにじみ出しているせいなのかもしれませんね。
(タイトルPHOTO:最上裕美子/ 文:秋月美和)

information

「ココロとカラダが楽になる ちょいヨガ」(高橋書店/税抜1200円)
現役モデルに加え、ヨガ講師としても大活躍の菅井さん。初心者におすすめのこちらの一冊は、菅井さんが講師として培ったエッセンスがつまっています。紹介されているヨガはどれもすぐにでも始められて、毎日の暮らしに取り入れやすいものばかり。本が開きっぱなしになるような仕様にもこだわったので、ヨガをやりながら読みやすい。

profile

菅井悦子
仙台在住時に、雑誌『non-no』(集英社)のノンノフレンドとしてモデルデビュー。その後、『non-no』専属モデルを経て、様々な雑誌やCMなどで活躍。2009年、全米ヨガアライアンスを取得し、現在はレストラティブヨガ、マタニティヨガなど様々なヨガの講師として活躍。ブログでは、自ら講師を務めるヨガのワークショップの募集も行っている。
菅井悦子公式BLOG:http://ameblo.jp/sugai-etsuko/
シェア Google+

関連リンク

おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube