TOP Beauty hair > Column > 頭皮の老化にご用心!ほったらかしがもたらす頭皮の日焼けのデメリット

頭皮の老化にご用心!ほったらかしがもたらす頭皮の日焼けのデメリット

2014/08/26

生理老化と光老化

肌の老化には2つあります。1つは、経年による自然老化。生理老化です。もう一つが光老化。肌の老化現象をより進めるのがこの光老化です。肌の老化は生理老化と光老化の相乗で進みます。

光老化現象を知るには、普段日光を浴びない皮ふ(お尻、太もも、お腹等、特に海パンやビキニで覆われた皮ふ部分)と顔や腕の普段露出している部分を比較してください。

お尻や太ももは、経年で薄くなり弾力も落ちてきますが、顔や腕ほどのシミやシワはないですよね。色も白いです。これが生理老化です。あなたのエイジングによる老化はせいぜいこの程度です。

露出部分と隠れた部分の皮ふ老化との差が光老化によるものです。紫外線をもっともたくさん浴びる頭皮はもっと悲惨といえます!

紫外線による真皮の傷は治らない

生理老化は、食生活や生活習慣の見直し等、長寿・健康を目標とした本質的な健康対策を行うことで正常に戻すことができます。

光老化とは紫外線傷害のことです。うっかり日焼けしてしまった場合は、シャワーを浴び、ローションでしっかり保湿し、ビタミンC等を補給し回復を待ちます。数週間もすれば表皮のターンオーバーもあり治ります。

一方、真皮の繊維組織(コラーゲンやエラスチン)は…見えませんが傷害を受けており、この傷害はなかなか治りません。

若いころは傷害部分を覆い隠すほどに真皮繊維組織が次々と造られ、トラブルは解決しているように見えます。しかし、現実は、治癒できない傷害が積み重なり、ある年齢になると一気に表面化し…老けたように見えてしまいます。

頭皮の老化対策から見た日焼け対策

頭皮は、紫外線を最も受ける部分です。特に薄毛の人や白髪の人は、顔や腕以上の傷害を頭皮に受けています。頭皮真皮層が傷付けば、毛にとって最も大切な組織である外毛根鞘、毛乳頭も傷つき、育毛を妨ぎます。

対策は、とにかく日焼けをしないことです。帽子や日傘を使用し、直接日光に当たらないように努力することです。頭皮・頭髪の場合は、紫外線ケアのシャンプーをしたり、外出時にはUVカットのトリートメントを塗りましょう。

自宅に戻ると、できるだけ早くシャワーを浴び、シャンプーをして活性酸素を洗い流すとともに、ホホバオイル等の自然成分のオイル等で頭皮頭髪を保湿してください。

生活習慣としては、真皮層の回復に良いとされるビタミンCやビタミンBB、タンパク質の取得、睡眠をしっかりとるなどしてください。頭皮頭髪の日焼けケアをしっかり行うと、全身の皮ふもケアしていることになります。

頭皮・頭髪研究家  大野哲夫

ダメージ髪対策に熱心な美容室経営。肌に優しい水素の化粧品、発毛・育毛サポートシャンプー等を開発。頭皮・頭髪研究家。発毛・育毛技術研究。医師、整体師等と「頭皮・頭髪、発毛・育毛研究会」を開催中。ブログ「元気髪」で自らの薄毛の解決状況を発信



シェア Google+

関連記事

P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube