TOP Beauty hair > Column > 軽い運動習慣で毛髪に栄養補給をしましょう!

軽い運動習慣で毛髪に栄養補給をしましょう!

2014/10/19

血流改善が毛髪の栄養補給に

毛髪は血液から栄養を補給します。髪の毛は血液から作られていると言っても過言ではありません。

一見、ストレスと血流は関連性がないように思われがちですが、ストレスを感じるとストレスホルモンであるアドレナリンが副腎から放出され、一気に血管が収縮します。血管の収縮に一番弱いものが毛乳頭で、毛乳頭から毛母細胞に指令が送れなくなるので脱毛の原因になります。

髪は毛母細胞が細胞分裂を繰り返すことによって形成されますが、その細胞分裂には栄養と酸素が必要なので、血行が悪くなるとそれらが運ばれにくくなってしまうのです。

もちろん、運動不足もいけません!身体を動かす事によって、ストレスが発散できる事もあります。毎日すこしの時間でもよいので運動をする事は大切ですね。

歩く習慣

これは、毎日の通勤・通学・買い物等の歩きとは別のものです。【歩く】という、本来の目的をもって運動する事です。しかし、普段運動をする習慣がない人は少しの運動でも、とても苦痛に感じてしまいます。では、楽しんでお散歩習慣をつけるにはどうすればよいのでしょうか?

・季節を楽しむ・・・【歩く】速度はゆっくりですので、まわりの景色を良く見てみてください。ほんの小さな草花の変化や空の色、街の装飾色・デザイン、服装等々、自分ひとりではなかなか気付かない季節の変化が感じられます。

・歩くコツ・・・きちんと【歩く】というのは意外と難しいものです。特に足腰に痛みや爆弾を抱えている方にとっては、これも苦痛に感じてしまいます。最近は、歩くことをサポートしてくれる様々なグッズが販売されているので、利用してみるのもいいでしょう。

・道具を使ったウォーキングの一例・・・最近注目されているのが、ポール(ストック)を利用して歩くノルディックウォークと呼ばれる、ウォーキング方法です。ストック・ウォーキング、あるいはポール・ウォーキングとも呼ばれています。元々はノルディックスキーヤーのトレーニングとして行われていたものですが、現在は多くの人々に親しまれるスポーツの一つとなりました。

2本の杖を使用することで、正しい姿勢を維持しやすく、また、歩幅が広がるためきちんと上半身も使いながら歩くことができます。杖を使うことで、姿勢が良くなり、運動量もアップ、さらに足腰の負担は軽減されるというメリットがあり、健康効果だけでなく、リハビリの点でも注目のウォーキング方法です。

1日1分の逆立ち

最近、自身でも運動不足を感じる事が多々あり、そのひとつの症状として頭痛があります。血流循環が悪いために頭がぼんやりしているような感覚です。

仕事柄、頭皮マッサージなどをしているので、自分でも時々マッサージをしますが、人に施術する様に気持ち良くはできません。そこで、逆立ち健康法を実践しています。

逆立ちする事で、単純に頭が心臓よりも低くなり、脳に血液が行きわたり血流が良くなることで、脳の活性化につながります。

そして、体内においても血液が循環されることで血行が良くなり、肩や背中の凝りなども解消され、身体の不調が一時的にでも改善されますので、ストレス発散や精神の安定にもつながると考えられます。

ただし、身体に負担を掛けすぎることはよくありませんので長時間の逆立ちや、体調が優れない時は止めましょう。血液や体内の水分が頭側に偏り、血管に圧力をかかります。血管が弱っている年齢や体質の方、高血圧の方にはおすすめできません。

もうひとつは、誰しも逆立ちができる訳ではありません。デングリ返し(前転)などからチャレンジしてみるのも良いでしょう。かの、森光子さんは舞台:放浪記のデングリ返し場面で長生きされたのでは・・・と思ったりしています。

毛髪診断士・認定講師  ???q

化粧品原料メーカーの開発及び営業職務後、毛髪診断士・認定講師として毛髪(育毛)サロンにて勤務、頭髪相談カウンセリング及び施術業務につき、個人活動にて理容室・美容室・SPA施設等への頭皮ケア及び関連講習・商材・毛髪診断等のカウンセリング業務に至る。ヘアケア・スキンケア化粧品商材の各種アドバイザー活動を実施。



シェア Google+

関連記事

P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube