TOP Beauty hair > Column > アミノ酸シャンプーの特徴と正しい選び方

アミノ酸シャンプーの特徴と正しい選び方

2014/10/23

アミノ酸シャンプーの特徴と正しい選び方

アミノ酸シャンプーが髪に良い、という話を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。頭皮や髪への刺激が少ないとされるアミノ酸シャンプーとは、具体的にどのようなシャンプーなのでしょうか。

アミノ酸シャンプーとは

一般に販売されているシャンプーの多くは、石油由来の高級アルコール系の洗浄成分が配合されています。洗浄力が強いのでしっかり汚れを落とせる分、皮脂を必要以上に落としてしまって、人によっては髪や頭皮にトラブルが起こることもあります。

対して、アミノ酸シャンプーは、洗浄成分にアミノ酸系の界面活性剤を使用しています。優しい洗浄力で、髪や頭皮への刺激が少ない成分なので、敏感肌やアトピー肌の方でも安心して使用できます。

昔から使われてきた石けんも肌に優しく、自然派志向の方からも石けんシャンプーが注目されています。しかし、この石けんに使われる界面活性剤よりもアミノ酸系の界面活性剤のほうがより低刺激だと言われています。

また、髪や頭皮をはじめ、人の身体の素となるタンパク質はアミノ酸で構成されています。ですから、アミノ酸シャンプーは髪や頭皮に刺激が少なく、シャンプーの際にアミノ酸を補給することもできます。必要な皮脂を取りすぎることなく余分な汚れを落とし、髪や頭皮を自然で健康な状態に維持できるのです。

アミノ酸シャンプーの選び方

一口にアミノ酸シャンプーと言っても、さまざまなものがあります。一般に販売されているシャンプーを大きく分けると、「アミノ酸配合シャンプー」と「アミノ酸シャンプー」があり、その2つの大きな違いは洗浄剤の種類とその配合です。

「アミノ酸配合シャンプー」は、洗浄力の強い石油由来の高級アルコール系の界面活性剤や石けんなどを主成分として、アミノ酸の洗浄剤を少量加えたものです。

本来の「アミノ酸シャンプー」は、アミノ酸系の界面活性剤を主成分として使用しているものですから、「アミノ酸配合シャンプー」とは違うものです。

これらを見分けるには、表示成分の洗浄剤をチェックします。

表示成分の頭のほうに「ラウリル硫酸」「ラウレス硫酸」「スルホン酸」などと書かれていれば、高級アルコール系の洗浄剤ですから、「アミノ酸配合シャンプー」だとわかります。

「ココイルグルタミン酸」「ココイルアラニン」などと書かれてあれば、アミノ酸系の洗浄剤ですので、「アミノ酸シャンプー」です。

純粋な「アミノ酸シャンプー」をお求めの方は、表示成分をよく確認することが大切です。

広尾プライム皮膚科 医師  谷口由紀

1999年大阪市立大学医学部卒業後、付属病院の形成外科に入局。大学病院にてレーザー専門外来を担当後、2006年レーザー専門総合病院に勤務し、母斑および美容のレーザー治療を研鑽。その後、2012年広尾プライム皮膚科勤務。個人の希望に沿ったオーダーメイド治療をすることを心掛け、治療と予防の両方の面からサポートまで行い、患者に寄り添った丁寧な治療を行う。



シェア Google+

関連記事

P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube