TOP Beauty hair > Column > 知ってる?意外な「髪のダメージ」の原因と対策

知ってる?意外な「髪のダメージ」の原因と対策

2014/05/26

ヘアへのダメージは意外な日常に潜んでいる

髪のダメージ

日焼けが気になるこの季節。肌だけではなく、髪のダメージも気になるところ。紫外線は髪のダメージの原因となることは知っているようで、あまり知られていない。

特に、海や山へのレジャーが増えるなか、髪の紫外線対策もちゃんと抑えておきたい。

髪のダメージの原因といえば、ヘアカラーやパーマ、コテなどのブローなどが良く知られるところだとは思うが、実は日常生活のなかにもダメージの素はたくさんある。

ということは、「美容室でトリートメントをすればいい」「シャンプーやトリートメントなどの自宅ケアを念入りにすればいい」というだけでは、足りないということだ。

寝ている間にいつのまにかバサバサヘアに?

髪がキレイな女性に、ヘアケアの秘訣を取材したところ「寝るときは三つ編みにして、髪表面の擦れを最小限にしています」という回答が出てきた。

実はこれ、ロングヘアでキレイな髪の女性では定番ともなっているヘアケアだ。一部の人には「やって当然」のケアだが、知らない人は全く想像もしない。

ロングヘアだと寝返りの度に擦れて、翌朝には毛先が絡まりやすくなる。三つ編みやお団子ヘアにするのは、そういった経験を経て編み出された習慣なのだ。

水道水が髪にダメージを与えていることも

このように一部の人の常識になっているヘアケアのなかに、“シャワーヘッド”がある。水道水に含まれている塩素が髪のキューティクルに傷をつけてしまうことがあるため、塩素除去のシャワーカートリッジに替えることで、個人差はあるが、髪の手触りが良くなるというのだ。

また、マイクロバブル機能がついていたりと、「髪を洗う」という行為を磨き上げるために、シャワーヘッドは大いに活躍してくれる。

シャンプーを変えるのではなく、シャワーヘッドを変える…という、意外な角度からヘアケアを見直すことで、今までの悩ましいヘアダメージから解放されるかもしれない。

髪がダメージを受けやすいこれからの季節は、いつものケアだけではなく、意外なひとテクで乗り切ろう。

ビューティープランナー  梅野利奈

外資系経営コンサルティング会社を経て、化粧品会社でマーケティング・商品開発に携わり独立。美容雑誌やファッション誌での執筆を中心に美容ライターとして活躍する傍ら、ビューティープランナーとしてセミナー活動などもおこなっている。



シェア Google+

関連記事

P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube