TOP Beauty hair > Column > ヘッドマッサージで心身ともに若返り!

ヘッドマッサージで心身ともに若返り!

2014/06/26

シローアビヤンガ

アーユルヴェーダでは、オイルを使ってヘッドマッサージをすることを「シローアビヤンガ」と呼び、主に6つの働きがあるとされます。

1)五感の機能が改善する
2)記憶力・判断力がアップする
3)脳の血行が良くなる。
4)全身の血液循環が良くなる。
5)ストレスが軽減され、心が穏やかになる。
6)毛根が強化される。

頭は神経系の中枢であり、肉体面だけでなく、精神面でも様々な影響を与えます。頭をマッサージすることは、心身ともにリフレッシュする効果があり、緊張やストレスが改善されます。

バランスの悪い食事や生活習慣の乱れ、様々なストレスやカラーリング・パーマなど、現代社会では、多くの原因から頭や頭皮に負担がかかっていると言えます。心身共に健康であるために、頭をマッサージすることは、とても大切なケアといえます。

ヘッドマッサージの効能

アーユルヴェーダでは、ヘッドマッサージに適したオイルとして、「クレンジング(毒素除去)」と「滋養(栄養と休養)」を同時に行えるセサミオイルを勧めています。セサミオイルを使って頭皮をマッサージすることで、余分な皮脂や毛穴に詰まった汚れを取り除き、また、毛根を強化するので、抜け毛や白髪を予防すると言われます。

シャンプー前のオイルマッサージを週に1〜2回から始めてみてください。頭皮のスッキリ感と髪のハリ・ツヤを実感することができるでしょう。

また、頭と顔は1枚の皮膚でつながっています。頭皮の血行が悪くなり、弾力が失われると顔のシワやたるみに影響します。ヘッドマッサージを続けることで、シワやたるみの予防になり、リフトアップ効果を得ることができるのです。

実際にヘッドマッサージをやってみましょう

人肌に温めたオイルを、頭皮全体にいきわたらせ、10本の指の腹で軽くマッサージします。地肌を指の腹で軽くポンポンとたたいたり(タッピング)、髪の毛を少しずつ根元から軽く引っ張ることも効果的です。マッサージ後は、ヘアキャップをしてタオルを巻き、お風呂につかってそのまま5〜6分置きます。こうすることで、オイルがより良く浸透し、毛穴の汚れを浮き上がらせ、頭皮に栄養分を浸透させます。

頭皮は経皮吸収が活発なところです。ぜひ、使用するオイルは口に入れても大丈夫なくらいの良質なものを使ってくださいね。

オイル美容家  川?雅代

江戸時代より戦前まで続いた油屋の末裔。油屋復興への思いとともにオイルについて研究を深めたところインド伝承医学アーユルヴェーダの若返り学に出会う。スリランカ・インドでアーユルヴェーダを学び、美容と健康に役立つセサミオイルの開発を始めシムシムジャパンを立ち上げた。現在、全国各地で若返り学のセミナーを行っている。



シェア Google+

関連記事

P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube