TOP Beauty hair > Column > 仕事を持つ女性で薄毛が増えている

仕事を持つ女性で薄毛が増えている

2014/06/29

ストレス、悩み、生活習慣の乱れ

今日では、大部分の女性が職場の第一線で活躍しています。仕事を持つと、目標や対人関係で悩みやストレスが生まれます。悩みやストレスは睡眠を浅くしたり、寝不足をきたしたりします。

仕事や人付き合いの関係で、食事や睡眠時間も乱れます。できれば同じ時間に貴宅し、入浴し、食事を摂り、眠りにつく…と規則正しいリズムを持って生活したいところです。現実は付き合いでの外食、さらには暴飲暴食をする機会も増え、深夜までカラオケで騒ぐことも多々あります。

若返りホルモンは22時頃に寝ることが理想といわれますが、就寝時間がバラバラで、悩みやストレスを抱えていては若返りホルモンも産まれません。朝食抜き、昼食後には多くのスイーツが待っています…。喫煙も今では女性の方が多いようです。

結婚後も仕事を続ける女性は、家庭と職場の両立に悩みます。しっかりした献立を考え調理する時間も減り、コンビニ等での出来合いの総菜をベースに食事を創ることも多くなりました。栄養のアンバランス、化学調味料の取り過ぎ、加えて睡眠時間も減り、髪や肌にとってマイナスの日常ばかりです

女性ホルモンが減っている

恋する女性は美しいといわれます。人を美しいと判断する基準は、髪と顔の肌艶、顔の表情です。髪や肌の健康は女性ホルモンが影響します。ちなみに男性ホルモンは体毛を増やします

恋人のいない人が増えているそうです。恋をしなければ性ホルモンは生まれません。仕事に振り回され恋する時間もない、身近に恋する対象もいない。そこで、恋の対象がアイドルやドラマの俳優、歌手、プロスポーツ選手等では、妄想の恋、実らない恋です。妄想の恋も良いですが、本当の恋にはかないません。

街にあふれるユニセックスファッション、異性を意識したとは思えない化粧…。女性のメイク時間は長くなっているようですが、そのメイクに男性を意識した心は増えているのでしょうか。対象が同性間での存在感誇示だけのためならば、あまり女性ホルモンは生まれていないと思います。現代社会は、恋の真剣度が下がっています

一方、ホルモンバランスの崩れるシーンは増えています。エアコン、ミニスカートで冷え症となる確率が高まり、タイトな服装、高い不安定なヒールでからだがストレスを感じ、ホルモンバランスが崩れます

朝シャン、おしゃれカラーも原因の一つ

あわただしい早朝のシャンプーは、すすぎが不十分となり、シャンプーカスが頭皮や毛髪に残り傷めます。 ヘアカラー、ましてブリーチをするおしゃれカラーは、毛髪を完全に破壊していると思ってください。毛髪だけでなく、当然頭皮も傷付きます。

ホームヘアカラー、プラスチック製品のヘアブラシによるコーミングやブラッシングのし過ぎ、ヘアドライアー、ヘアアイロンの使用…見た目の髪の美しさを求めるあまり、日々髪を傷める生活をしています

清潔過ぎる生活は皮脂を摂り過ぎ、頭皮、肌をあらします。肌のバリア能力を低下させるだけでなく、チョットした汚れでストレスとなります。

男性もそうですが、現代女性の周辺は薄毛になる環境に満ちています。少しでもストレス排除になる行いをし、生活習慣を見直し、恋をし、髪や頭皮にやさしいこと、休養を与える等対策を具体的に取り入れましょう

頭皮・頭髪研究家  大野哲夫

ダメージ髪対策に熱心な美容室経営。肌に優しい水素の化粧品、発毛・育毛サポートシャンプー等を開発。頭皮・頭髪研究家。発毛・育毛技術研究。医師、整体師等と「頭皮・頭髪、発毛・育毛研究会」を開催中。ブログ「元気髪」で自らの薄毛の解決状況を発信



シェア Google+

関連記事

P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube