TOP Beauty hair > News

紫外線は薄毛&白髪増の原因に 秋レジャー時もUVケアを

紫外線の影響でダメージヘアに…

[拡大写真]

紫外線の影響でダメージヘアに…
 夏から秋に移り変わるこのシーズンの髪や頭皮は、お肌と同様お疲れモード。その理由には、クーラーによる冷えや乾燥、夏バテによる食生活の乱れ、暑さによるムレや皮脂、汗の過剰分泌など、さまざまな要因があるものの、なんといっても春から夏にかけてピークを迎える“紫外線”によるダメージはかなり大きいもの。「頭頂部は肌よりも多くの紫外線を浴び、老化が起きやすい場所なんです」と話すのは、頭サロン代表の阿部志穂さん。紫外線を浴びすぎると髪が傷むだけでなく、抜け毛や薄毛、白髪も増えやすくなってしまうんだとか。

 紫外線のUV波は、キューティクルだけでなく、毛髪のタンパク質を構成する“システィン”という結合部分にも負荷を与え、枝毛や切れ毛といったダメージヘアを誘発。パサつきなどの髪の質はもちろん、「紫外線は毛穴の中にある毛根や毛母細胞にまでダメージを与え、抜け毛の原因となるだけでなく、毛髪が育たなくなり、薄毛の原因となることが多いのです」(同)。また、驚くべきことに、「表面のキューティクルが剥がれてカサカサの髪になるだけでなく、黒髪を作る色素のメラニン細胞が破壊され薄茶色の髪になったり、光の老化現象で白髪が増える原因になったりもします」と阿部さん。

 紫外線は、1年中降り注いでいるもの。そうなると、外出時に顔や手、脚に日焼け止めを塗るように、髪や頭皮の紫外線対策もオールシーズン意識することが大切。髪にも使えるUVケアスプレーをするほか、「UVカットのある日傘や帽子を使い、頭皮と毛髪に直接紫外線が当たらないようにしたいですね。ただ帽子は、通気性がないと頭皮がムレて抜け毛の原因になりますので、通気性のあるタイプを選ぶようにしましょう」(同)。

 季節の変わり目の髪や頭皮は、ただでさえデリケート。すっかり秋めいてきたから大丈夫!とあなどるなかれ。秋のレジャー時もしっかりケアを心がけましょう!

阿部志穂さん(頭サロン代表 アップヘアー大口店)

「薬を使わない身体に安心な発毛法」で20年の実績のある、アップヘアー発毛システムのスカルピストとして発毛技術を学び、毛髪診断士の資格を取得。生えるだけではなく、根本的な頭皮環境を整えるアップヘアー発毛サロン独自の技術は、本格的な発毛技術で毛髪に悩む方のために、健康的な毛髪を育てる。


関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube

オススメ記事