シャープの“お掃除ロボ”がコンパクトに

シャープの掃除ロボット『COCOROBO』に、本体直径約30.4cmのコンパクトサイズ製品が登場

[拡大写真]

シャープの掃除ロボット『COCOROBO』に、本体直径約30.4cmのコンパクトサイズ製品が登場
 勝手に部屋の掃除をしてくれる便利さに加え、「家出をした(掃除中に家の外まで移動してしまったこと)」「障害物があってホームに戻れず、充電が切れて力尽きていた」などの予想外の行動が話題になったり、「働きやすいように自分で掃除するようになった」という人が続出するなど、昨今人気の“お掃除ロボット”。その中でも、話す機能がついていることで「より愛着が沸く」と人気の『COCOROBO』(シャープ)に、本体直径約30.4cmのコンパクトサイズ製品が登場する。

 同製品には部屋の広さを測定する“超音波センサー”と、ゴミが多いエリアを検知すると自動的に吸引力を上げる“ゴミセンサー”による「スマートお掃除機能」を搭載。掃除性能が向上しているほか、コンパクトサイズになったことで3LDK(掃除可能面積約30畳相当)の範囲を、きめ細かく隅々まで掃除できるように。

 また、独自の「強力吸じんシステム」を採用することで、吸引力も大幅アップ。高速回転ターボファンにより、フローリングの目地に詰まった細かなゴミまで吸い込むように。さらに、コンパクトになっても「音声認識機能」と人工知能「ココロエンジン」は引き続き搭載。充電量や掃除状況によって“気分”が変化し、言葉やアクション、光などを組み合わせてアピール。挨拶や会話の返事は使用回数に応じてバリエーションが増えていくため、ペットと会話しているかのような楽しさも味わえる。

 同製品は6月下旬から発売。価格はオープン。


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube

オススメ記事