「揚」「煮」「炒」が1台で 人気のヘルシー調理器が日本初上陸

ティファール『アクティフライ』(グループセブ ジャパン) カラーはホワイトとレッドの2色展開

[拡大写真]

ティファール『アクティフライ』(グループセブ ジャパン) カラーはホワイトとレッドの2色展開
 デザインと機能の高さで人気のブランド「ティファール」(グループセブ ジャパン)の、調理器『アクティフライ』が、2014年秋に日本に上陸する。火を使用せず、少量の油で“揚げる”、“煮る”、“炒める”の作業が行える同商品は世界で700万台の販売実績を誇る人気調理器だが、揚げ物料理が多い日本で販売するにあたり、新たに開発し機能を強化している。

 過熱水蒸気オーブンレンジやノンフライ調理器など、健康志向の人から支持を受けて人気が高まっているヘルシー家電市場に、“1台3役”の利便性が備わった製品が新たに加わる。熱風循環方式の同調理器は、同社製品と比較すると、最大で99%の油をカット。とんかつやから揚げ、高温で調理するチャーハンなどの炒め物、じっくりと調理する煮込み料理など、それぞれの調理に最適な温度と自動かく拌のパドル回転数を設定。3つの調理モードから選択するだけで、手軽に料理を行うことができる。

 使いやすいセラミックコーティングで、3.7kgと持ち運びが簡単な点、食器洗い機にも対応しているので使用後の片づけも容易に行える点もポイント。本体のほかに、オイルスプレーと、日々のおかずからスイーツまで、31種類のレシピを掲載した別冊オリジナルレシピブックがついてくる。

 カラーはホワイトとレッドの2色で、希望小売価格は税抜4万7037円。家電量販店やWebサイトなどで販売予定。


関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube