TOP LifeStyle recipe > Column > 簡単かわいい!春っぽさを感じる「メレンゲ菓子」レシピ

簡単かわいい!春っぽさを感じる「メレンゲ菓子」レシピ

2015/02/28

春っぽいメレンゲ

春色のマーブルメレンゲ

陽気な日が続いたり、日が長くなったり、うららかな春の訪れは間もなく。今回は、優しい色合いと軽い食感が春にぴったりな「メレンゲ菓子」をご紹介します。是非、お試しください。

フランスのメレンゲ菓子

フランスでは、お菓子屋さんのショーウィーンドウに必ずと言っていいほど並べられているメレンゲ菓子。外側はサクッとしているのに中はしっとりした食感で、ヘーゼルナッツやチョコチップが入っているのが一般的です。街にはメレンゲ菓子専門店もあり、バニラ味からカフェ、ショコラをはじめ、色とりどりのフレーバーが揃い、中にはフルーツを添えていただくものがあるなど、かなり充実しています。

意外に知られざる卵白の魅力

メレンゲの主な材料は、卵白。イマイチ栄養的に注目されない卵白ですが、実は免疫力をアップさせ、風邪予防に効果的です。どろりとした卵白に含まれる「オボムチン」という糖タンパク質は、腸内に入ると善玉菌を十倍から数十倍に増やす効果があるとされています。これはヨーグルト顔負けの効果です。腸内環境が良くなるので、免疫機能をつかさどる小腸も正常に機能して免疫力アップにつながります。

春のメレンゲ菓子レシピ

メレンゲは、卵白に砂糖を加えて泡立てたものですが、泡立て初期に砂糖を加えるのと、泡立ての後半に加えるのとで仕上がりが異なります。メレンゲ菓子の場合は、硬く重たいメレンゲに仕上げるために、泡立て初期から砂糖を加えてしっかりとしたメレンゲにしていきます。

(材料)
卵白2個分、粉糖200g、色紅お好みで少量

(作り方)
(1)ボウルに卵白を入れ泡立てます。
(2)1に少しずつ粉糖を加えてさらに泡立て、しっかりとしたメレンゲにします。
(3)2の少量を別のボウルにとり、色紅で赤色のメレンゲを作ります。
(4)白いメレンゲと赤色メレンゲを交互に絞り袋に入れて、天板に絞り出します。
5.160度のオーブンで20分。

ライフアトリエリスタ、お菓子作家  太田さちか

パリのエコール・ド・リッツ・エスコフィエ、ル・コルドン・ブルー、今田美奈子お菓子教室などに学び、子供とママのための製菓レッスンやワークショップを展開するsucre de vivreを主宰。パリシックでヘルシーな独自の世界感あるお菓子、食、ライフスタイルが好評を呼び、企業サイトやファッション誌などでモデルとしても活躍中。3児の母。



シェア Google+

関連記事

P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube