TOP LifeStyle recipe > Column > 春の山菜でデットクス!お手軽「鍋」レシピ

春の山菜でデットクス!お手軽「鍋」レシピ

2015/03/30

春は体も芽吹く時期

春になると山菜が出始め、その他、植物の新芽も出てきます。
山菜や春野菜独特の「苦み」は、デトックス効果が高く、冬にため込んでしまった老廃物を排出してくれます。今回は、今の時期に食べてほしい「山菜」を使ったレシピをご紹介します。

苦みある野菜をたっぷりと

まだまだ朝晩は冷え込むこの時期、苦みのある緑の葉物をたっぷり食べられる鍋はいかがでしょうか?
そろそろ薄着になり始める時期なので、さっぱり低カロリーのお鍋がぴったりですよ。

●山菜たっぷり鍋

山菜たっぷり鍋

・クレソン
・セリ<
・春菊
・三つ葉
・豆腐
・油揚げ
・ぶりのお刺身やしゃぶしゃぶ用のお肉など 好みの具材 各適量

(1)野菜類はきれいに洗って水気を切り、8〜10pの長さにカットしておく。
(2)鍋に8分目まで水を入れてだし昆布1枚を入れて火にかける。沸騰したら昆布を取り出す。
(3)食べやすい大きさに切った豆腐や油あげなどを入れる。(1)の野菜を入れてサッと火を通してシャキシャキのうちに食べる。
ぶりのお刺身やしゃぶしゃぶ用の豚肉もさっと火を通して食べる。

さっぱり食べたいお鍋にはぜひ手づくりポン酢で

●手作りポン酢
・ゆず 1個
・醤油 100cc
・米酢 50cc
・日本酒 50cc
・だし昆布
・鰹パック 1袋(3〜5g)

(1)ゆずは半分に切って果汁を絞っておく。
(2)小鍋に(1)の絞り終わったゆず、醤油以外の調味料を入れて中火にかける。
沸騰したら弱火にして、2〜3分煮詰めて火を止める。醤油を加えて粗熱が取れたらざるなどでこす。(1)のゆず果汁を加える。

春の味覚を感じつつ、美しい身体を目指しましょう。

フードスタイリスト natural food cooking 主宰  江口恵子

自身の体調を崩したのをきっかけにマクロビオティックとナチュラルハイジーンについて 本格的に学ぶ。対局にある2つの方法を習得・体感し双方の良い部分を上手く取り入れ、今の日本の気候風土に合った美容と健康にアプローチする「美味しくて体に良い食」を追及している。



シェア Google+

関連記事

P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube