TOP LifeStyle recipe > Column > 実は簡単!かわいいホタテ貝の形「マドレーヌ」レシピ

実は簡単!かわいいホタテ貝の形「マドレーヌ」レシピ

2015/04/25

即興で生まれたお菓子!メイドが作ったマドレーヌ。

何気なく食べ、よく聞くお菓子「マドレーヌ」。実は、”超“即興でできた偶然のお菓子だったことをご存知でしたか?ほたて貝のモチーフは、美貌の持ち主ヴィーナスにも関係があるのだそうです。そんな聖なるお菓子「マドレーヌ」の秘密を、ご紹介します。簡単レシピ付きなので、是非お試しください!

マドレーヌ誕生秘話

フランスのロレーヌ地方を治めていた、ポーランドの王様が、コメルシーでパーティーを催した際に、デザートのお菓子職人が帰ってしまい、仕方なくメイドの娘に即興でお菓子を作らせたのがはじまりと言われています。黄金色のふっくらとした軽い味わいのケーキを気に入った王様が、そのメイドの名前をとってマドレーヌと名付けたのだそう。

なぜ、貝の形をしているの?

マドレーヌは、貝がらの型で焼くのが正式。サンチャゴのシンボルがホタテ貝で、サンチャゴ・デ・コンポステーラへの巡礼者が、ホタテ貝の殻を食器やお守り代わりに持ち歩いていたという説があります。

美の女神ヴィーナスとマドレーヌ

マドレーヌ誕生秘話は諸説あり、その甘美なお菓子が聖女マドレーヌにあやかって名付けられたとも言われています。聖女マドレーヌは、美しい女性であり美の女神ヴィーナスに準えられたそうです。

即興マドレーヌの作り方

すぐに作れてしまうマドレーヌの作り方を、ご紹介します。

マドレーヌ

(材料)
薄力粉50g、砂糖50g、バター50g、卵1個

(作り方)
1.ふるった薄力粉と砂糖をボウルで混ぜあわせます。
2.1に卵を加えてさらに混ぜ、溶かしバターを加えて混ぜます。
3.170度のオーブンで約20分焼いたらできあがり。

美しいマドレーヌを、ぜひ作ってみてくださいね。

ライフアトリエリスタ、お菓子作家  太田さちか

パリのエコール・ド・リッツ・エスコフィエ、ル・コルドン・ブルー、今田美奈子お菓子教室などに学び、子供とママのための製菓レッスンやワークショップを展開するsucre de vivreを主宰。パリシックでヘルシーな独自の世界感あるお菓子、食、ライフスタイルが好評を呼び、企業サイトやファッション誌などでモデルとしても活躍中。3児の母。



シェア Google+

関連記事

P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube