TOP LifeStyle recipe > Column > 忙しい朝でも5分でできる!ビューティーフルーツのジャーサラダ

忙しい朝でも5分でできる!ビューティーフルーツのジャーサラダ

2015/05/13

ジャーサラダ

忙しい平日の朝は、毎日同じ朝食メニューでマンネリ化していませんか。本当は、いろいろと作ってみたいけど、やっぱり時間はないし、時短のテクもない。そこで、港で話題のジャーサラダをアレンジして、5分でできてしまうレシピをご用意しました。それも、ビューティーフルーツにこだわったフルーツサラダのレシピをご紹介します。

いまさら聞けない?ジャーサラダって何?

ビューティーフルーツサラダ「リンゴとぶどうとチーズ」

おしゃれなニューヨーカーの間でたちまち広まった、「メイソンジャーサラダ」。ドレッシングを入れたら、野菜を順番に入れて蓋をするだけ。5日間は冷蔵庫で保存が効きます。見た目が華やかな上、保存も効くし、食べる前に振るだけという手軽さも人気の秘訣です。
今では、ジャーの種類も増え、カレーやパスタといったフード系を入れるレシピまで登場しています。

ビューティーフルーツサラダ「赤キャベツとオレンジベリー」レシピ

赤キャベツとオレンジベリー

フルーツを使うと、野菜中心のサラダよりビタミンCが摂取でき美容効果が高く調理や素材をカットする手間も省けて効率的。コラーゲン生成にも役立ちビタミンCが豊富なオレンジと、ビタミンCに加えて女性の強い味方である葉酸を含むベリー類を混ぜれば、朝から肌も心も輝けるはず。
(材料)赤キャベツ20g、オレンジ1個、イチゴ4個、ブルーベリー適量、オリーブオイル、チャービル適量

(作り方)
1. 赤キャベツを千切りにして瓶に入れ、オリーブオイルを回しかける。
2.オレンジをカットしたものを、瓶に沿わせて詰める。
3.イチゴとブルーベリーをかるく混ぜながら盛る。
4.チャービルを瓶に沿わせたらできあがり。

ビューティーフルーツサラダ「リンゴとぶどうとチーズ」レシピ

リンゴとぶどうとチーズ

紫外線が気になるこの時期、美白効果も期待できるリンゴと、シミやシワの解消に役立つぶどうをたっぷり使ったレシピをご紹介。相性のいい、チーズとハチミツも美肌を応援してくれます。
(材料)リンゴ1/3個、ブルーチーズ20g、ハチミツ適量、ディル適量、ぶどう6粒

(作り方)
1. リンゴを角切りにして瓶に詰め、はちみつを回しかける。
2.1の上にブルーチーズの角切りを詰め、半分に切ったぶどうを盛る。
3.ディルを瓶の淵に添えたらできあがり。 

ライフアトリエリスタ、お菓子作家  太田さちか

パリのエコール・ド・リッツ・エスコフィエ、ル・コルドン・ブルー、今田美奈子お菓子教室などに学び、子供とママのための製菓レッスンやワークショップを展開するsucre de vivreを主宰。パリシックでヘルシーな独自の世界感あるお菓子、食、ライフスタイルが好評を呼び、企業サイトやファッション誌などでモデルとしても活躍中。3児の母。



シェア Google+

関連記事

P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube