TOP LifeStyle recipe > Column > 五月病予防に食べたい「卵」の疲労回復レシピ

五月病予防に食べたい「卵」の疲労回復レシピ

2016/05/03

新年度から早1か月が過ぎました。新入生、新社会人の皆さんの中には、環境の変化による緊張や不安から、なんとなく体調不調を感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。深刻な五月病にかかってしまう前に見直してほしいのが、毎日の食生活。偏った食事が体調不良を引き起こしているかもしれません。

バランスのよい食事を

主食・主菜・副菜は摂れていますか?主食とはごはんやパン、麺類など、主菜とは肉・魚・卵や大豆製品を使ったタンパク質を含むおかず、副菜は野菜やきのこ、海藻などを使ったおかずです。コンビニ食や外食が多くなると主食ばかりの食事に偏りがちです。

五月病予防におすすめ食材「卵」

緊張や不安などの精神的な疲労「メンタル疲労」には、リラックスできる環境づくりが一番。バランスのよい食事が大切ですが、特別な食材や難しい料理を選ぶ必要はありません。ストレスで消耗したビタミンCを含む野菜・果物と、疲れた脳を活性化するタンパク質を摂るとよいといわれています。

中でも、タンパク質に含まれる「リジン」「ビタミンB12」が脳の疲労回復に効果があるとされています。リジンは脳を働かせる栄養素として、疲労回復や集中力を高めるのに効果があると期待されています。ビタミンB12は脳からの指令を伝える神経を正常に保つ役割や葉酸と協力して赤血球の生成や神経細胞の修復に必要とされています。

そのふたつの栄養素を含んでいるのが「卵」。手軽に買えて、さまざまなバリエーションで食べることができる卵は、メンタル疲労の予防におすすめの食材です。

枝豆オムレツ

タンパク質、リジン、ビタミンB12を含む卵に、リジンを含む枝豆を加えたオムレツです。卵&枝豆でリジンたっぷりで、彩りも鮮やかなので、きっと気分も明るくなるでしょう。

mai

【材料】(直径14cmのフライパン1つ分)
卵 3個
枝豆 150g(鞘付き)
オリーブオイル 大さじ2
塩 少々 

【作り方】
1.枝豆を茹で、鞘から出す。
2.卵を割りほぐし、1と塩を加えて混ぜる。 
3.フライパンにオリーブオイルを入れ、全体に馴染ませたら強火の状態で2〜3度大きく混ぜ、中火にしてふちが固まったら皿をかぶせて、ひっくり返し裏面も焼く。

あわせて、『美肌をかなえる!「春キャベツ」で作れるカンタン副菜3レシピ』の記事もぜひご覧ください。
 

野菜ソムリエ・アスリートフードマイスター  田代由紀子

“You are what you eat !”「カラダは食べるもので作られる」 食べることの大切さ、楽しさを多くの人に伝えるために「楽しく、美味しく、健康な生活を!」をコンセプトに野菜ソムリエ・アスリートフードマイスターとしてコラム執筆、レシピ提案、セミナー講師として活動。



シェア Google+

関連記事

P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube

オススメ記事