TOP LIFE-STYLE recipe > Column > 旬の美味しさをたっぷり堪能、キノコを使ったレシピ

旬の美味しさをたっぷり堪能、キノコを使ったレシピ

2017/10/17

秋の味覚のひとつであるキノコ。エリンギ、マイタケ、シイタケなど、種類も豊富で旬のいまだから味わえる美味しさがあります。そこでキノコの風味や食感をいかしたレシピを5つご紹介。

栄養満点で低カロリーなキノコはダイエット中にも最適な食材です。献立に困ったら、旬のキノコ料理をプラスしてみるのもいいかもしれませんね。

■まるでレストランの前菜のよう、森のキノコのテリーヌ

出典:E・レシピ

自宅で作るのは大変そうなテリーヌですが、このレシピなら比較的簡単にできます。まるでレストランで食事している気分になれる本格的なキノコのテリーヌです。

このテリーヌの一番のポイントとなるのはフランス料理に使われることが多いマデラ酒ソース。マデラ酒とフォンドボー、バターでマデラ酒ソースを作ります。このソースをテリーヌにかけることで、なかなか一般家庭では味わえない、レストランの味を楽しめますよ。誕生日会やホームパーティーでも喜ばれるキノコのテリーヌ…ぜひお試しください。

■キノコの風味がギュッと詰まった濃厚なキノコのポタージュ

出典:E・レシピ

パンとの相性がバツグンなキノコのポタージュ。まったりとした食感とキノコの香りを楽しめる一品です。このレシピで使用するキノコは、乾燥ポルチーニ茸とマッシュルーム、ホワイトシメジ、ナメコ。一度に4つのキノコの風味を堪能できます。

仕上げにお好みで、黒トリュフ、イクラ、刻みイタリアンパセリを散らせば、よりリッチ感あふれるスープに。パンやバゲットと一緒に食べると、この一品だけで大満足できそうです。残ったスープにご飯を混ぜ、リゾット風にアレンジして食べるのもいいでしょう。

■とっても簡単にできる! キノコのピリ辛甘酢炒め

出典:E・レシピ

時間のないときでも簡単にできるのがこちらのレシピ。エリンギ、シメジ、生シイタケをカットし、フライパンを熱して、キノコを乾煎りし、しんなりしてきたところで、調味料を加えます。さらにプチトマトを加え炒め合わせたら、しょうゆを加えて全体にからめれば完成です。器に盛りつけた後、お好みでパセリを振りましょう。

食材にエノキやマイタケを加えても美味しくいただけます。赤唐辛子がピリッと効いた、ご飯のおかずやお弁当にぴったりな料理です。キノコの組み合わせを変えれば、毎回少し違った風味を楽しめます。

■白ワインとチーズの香りが食欲をそそる、キノコのリゾット

出典:E・レシピ

秋のランチやディナーにキノコがたっぷりと入ったリゾットはいかがでしょうか? イタリアの定番料理であるキノコのリゾットは思ったよりも簡単に作れます。リゾットのお米はアルデンテ(少し固め)に仕上げるのが基本ですが、固めのご飯が苦手ならスープを900〜1000ml作り、鍋に蓋をして中火で10分煮れば柔らかくなります。

仕上げにバジルやパセリを散らすと、お店で食べるキノコのリゾットのような見た目に。出来上がった瞬間から白ワインとチーズの香りが漂い、食欲をそそられるキノコのリゾットです。

■ヘルシーで美味しい! カキとキノコのホイル焼きの献立

出典:E・レシピ

食欲が増す秋は、つい食べ過ぎてしまうこともあるでしょう。暴飲暴食で胃腸がもたれてしまうことも。そんなときは、こちらのダイエットレシピを試してみませんか。肝臓の働きを良くすると言われているカキと食欲繊維たっぷりなキノコのホイル焼きです。

デザートとしてチアシード入りフルーツヨーグルトを作れば、腸の排泄能力を整えるのにも役立つでしょう。一人336キロカロリーで、ダイエット中でも気楽に食べることができます。お好みでフランスパンと半分に切ったレモンを添えていただきましょう。

キノコはどんな料理にも合い、使いやすいのが魅力の食材です。そんなキノコを使った料理のレパートリーを増やせば、秋の献立やお弁当のおかずに悩まずに済むかもしれません。気になるレシピがあったら、ぜひチャンレジしてみてくださいね。

(木下あやみ)
シェア Google+

関連記事

P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube