TOP LIFE-STYLE recipe > Column > 今年のハロウィンはこれで決まり! カボチャのパンケーキ

今年のハロウィンはこれで決まり! カボチャのパンケーキ

2017/10/22

もういくつ寝ると…ハロウィン、ですね!

近頃は仮装人気とあわせて、子どもたちはクリスマスより楽しみにしているなんて話を聞くくらい、ハロウィンブーム。せっかくなら、食卓にもハロウィン気分を取り入れて、家族みんなで楽しみたいですね。

ハロウィンといえばカボチャ! ということで、今回は生地とクリームにもカボチャをふんだんに盛り込んだふわふわパンケーキレシピをご紹介。

練りこむカボチャのペーストも、電子レンジとフードプロセッサーを使えば簡単。あとは、普段のパンケーキを焼く要領でオッケーです。

隠し味のココナッツミルクが、カボチャの自然な甘みを引き立ててくれます。

カボチャが苦手なお子さんも、ハロウィンをきっかけにカボチャ好きになるかもしれませんよ。

■カボチャのパンケーキ

調理時間 30分


レシピ制作:パティシエール、料理家 河田麻子


<材料 4人分>
<パンケーキ>
?卵 1個
?グラニュー糖 40g
?カボチャ 100g
?ココナッツミルク 45ml
?生クリーム 50ml
?薄力粉 62g
?ベーキングパウダー 2g
バター 適量
<カボチャクリーム>
?生クリーム 100ml
?グラニュー糖 10g
?カボチャ 40g
<飾り用>
?カボチャ 適量
?ミントの葉 適量


<下準備>
・<パンケーキ>と<カボチャクリーム>のカボチャは皮と種を取り除き、ひとくち大に切ってラップをし、電子レンジで約5分、竹串がスッと通るくらいまで加熱し、フードプロセッサーでペースト状にしておく。

・薄力粉とベーキングパウダーは合わせて振るっておく。

・<飾り用>のカボチャは、皮つきのまま適当な大きさに切り、電子レンジで4〜5分加熱する。電子レンジは600Wを使用しています。

<作り方>
1、<パンケーキ>を作る。ボウルに卵を溶きほぐし、グラニュー糖を加えて混ぜ、ペースト状のカボチャ100gを加えてなめらかになるまで混ぜ合わせる。

2、ココナッツミルクと生クリームを加えて混ぜ、振るった薄力粉とベーキングパウダーも加え、ダマがないように混ぜ合わせる。

3、フライパンを弱めの中火にかけてバターを熱し、(2)の生地を適量流し入れ、表面にポツポツ穴があいてきたら裏返し、きれいな焼き色がつくように焼き、皿に盛る。残りの生地も同様に焼く。

4、<カボチャクリーム>を作る。ボウルに生クリームとグラニュー糖を入れて7分立てにする。ペースト状にしたカボチャ40gに生クリームの一部を加え、なじんだら残りも加えて、泡立て器からゴムベラに変えて混ぜ合わせる。

5、<カボチャクリーム>を絞り袋に入れ、(3)のパンケーキに絞り、<飾り用>のカボチャやミントの葉を飾って仕上げる。


お料理上級者は、インスタや動画サイトで人気のパンケーキアート(ココア生地を絞って先に絵を描いておく)に挑戦してみては?

(フジノアサコ)
シェア Google+

関連記事

P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube