美容&健康にオススメ スムージーにしやすい野菜はコレ!

野菜を使った美味しい「グリーンスムージー」の作り方その1
【ホウレンソウスムージー】材料…ホウレンソウ2株、リンゴ1個、バナナ1本(写真・レシピ提供:タキイ種苗)

[拡大写真]

野菜を使った美味しい「グリーンスムージー」の作り方その1 【ホウレンソウスムージー】材料…ホウレンソウ2株、リンゴ1個、バナナ1本(写真・レシピ提供:タキイ種苗)
 今人気のスムージー。中でも、野菜を手軽に摂れることもあり「グリーンスムージー」は健康や美肌、ダイエットに関心がある人の中で注目を集めている。とはいえ野菜は独特の香りやえぐみがあるため、なんでもかんでも混ぜてしてしまうと“バツゲームアイテム”のような存在にもなりかねない。スムージーにはどんな野菜が向いているのか? おすすめの組み合わせと共に紹介する。

 “ベジ・スムージー”の名でグリーンスムージーを訴求しているタキイ種苗が20〜40代の女性406人を対象に行った調査によると、スムージーを作る時におすすめの野菜の1位は【ホウレンソウ】【ニンジン】でそれぞれ56.1%を獲得(複数回答・以下同)。3位には【コマツナ】(49.1%)、4位に【トマト】(35.1%)、5位に【キャベツ】(26.3%)が入った。また、組み合わせる果物は、リーズナブルな上に食味もいい【バナナ】が77.2%でトップに。2位に【リンゴ】(63.2%)、3位に【キウイ】(42.1%)がランクインした。

 同社によると、おいしい“ベジ・スムージー”の作り方は、野菜と果物を2〜3種類使い、その際に野菜4:果物6の割合にすること。「野菜は1種類にして、水分の多い柑橘類などの果物を1種類、甘味やとろみをつけるための果物を1種類くらいにするとはじめやすいです」(同社)。また、栄養価を考えるとニンジンやリンゴなど、皮の柔らかい野菜や果物は皮ごと使い、絞りカスが出るジューサーではなく素材の栄養素をまるごと摂れるミキサーで作ることも大切なんだそう。

 自家製スムージーは野菜のビタミンCや酵素、食物繊維をまるごと摂れるうえに、組み合わせによって色々な味が楽しめる点が魅力。また、前述の調査では自分で野菜のスムージーを作った人の意見をまとめたところ、【体の調子が良くなった】54.1%に。そのほか、【便秘が解消した】(51.4%)、【肌の調子が良くなった】(24.3%)という意見も寄せられたという。

 「酵素ダイエット」や「フィトケミカル」などで野菜そのものの栄養素・酵素に注目が集まっている今、家庭で簡単に作れるグリーンスムージーで手軽に野菜を摂ってみては?


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube

オススメ記事