オシャレなスイーツも! 「ハイサワー」誕生から33年で初のレシピ本

「ハイサワー」(博水社)を使ったレシピ本『ハイサワー 炭酸レシピ83』(亜紀書房刊・税込1000円)に登場する、泡盛を使った「島ハイサワー」

[拡大写真]

「ハイサワー」(博水社)を使ったレシピ本『ハイサワー 炭酸レシピ83』(亜紀書房刊・税込1000円)に登場する、泡盛を使った「島ハイサワー」
 お酒を割るノンアルコール炭酸飲料「ハイサワー」(博水社)を使ったレシピ本『ハイサワー 炭酸レシピ83』(亜紀書房刊・税込1000円)が、“ハイサワーの日”である8月3日に発売される。同シリーズのレシピ本は33年の歴史で初めて。男性ファンが多いイメージを持つ「ハイサワー」だが、同著のターゲットは女性たち。オシャレなカクテルやスイーツなど、家飲みや女子会に活用できそうな手軽なレシピ83種類を紹介する。

 「ハイサワー」シリーズは1980年に『ハイサワーレモン』が登場して以来、すっきりとした味わいと、割り用飲料ならではの強い炭酸感が人気となり、これまでに累計15億本を突破しているロングセラーブランド。近年は“お酒っぽいのにアルコールゼロ”というノンアルコール飲料が人気だが、同商品はアルコールのみならずジュース類と混ぜることもできるため、誕生から30年を超えた現在でもアルコール・ノンアルコール問わずさまざまなレシピが考案されている。

 同著は博水社の社員が営業先の居酒屋で教わった裏メニューや、消費者から教えてもらった家庭用レシピを持ち寄ったりアレンジを加えたりして構成したもの。リンゴ酢を『ハイサワーレモン』で割る「さっぱりリンゴ酢サワー」、細かく刻んだキウイとプレーンヨーグルトに『ハイサワーレモン』を注いだ「“飲む”キウイヨーグルト」、『ハイサワー青りんご』に牛乳とマーマレードを入れ、よくかき混ぜて作る「青リンゴミルク」など、健康や美容、ダイエットに関心のある女性たちに向けたレシピを多数揃えた。

 また、同シリーズは出演者のユルく自由な振る舞いが人気の長寿バラエティ番組『タモリ倶楽部』(テレビ朝日系)でもたびたび取り上げられているが、同著では番組内でタモリが絶賛した泡盛を使った「島ハイサワー」も掲載。食通で知られるタモリが気に入ったという、そのメニューの風味も注目だ。


関連写真

関連リンク

タグ
シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube