美容にもひと役、夏こそ食べたいゴーヤーの実力

夏バテ気味だな…と思ったら、「ゴーヤーチャンプルー」を食べてみてはいかが?

[拡大写真]

夏バテ気味だな…と思ったら、「ゴーヤーチャンプルー」を食べてみてはいかが?
 夏は楽しいイベントが盛りだくさん。満喫するためにも、しっかり食べて体調管理には気をつけたいところだが、そんな夏にピッタリの食材といえば沖縄を代表する「ゴーヤー」もそのひとつ。“健康野菜”として認識している人はもちろん多いと思うが、『マイクロダイエット』を展開するサニーヘルス社によると、ダイエットや美容効果への期待も高い食材だという。

 近年は、夏の暑さ対策“緑のカーテン”として、家庭での栽培も一般的になったゴーヤー。「にがうり」とも呼ばれているが、その苦み成分には、血糖値やコレステロールを下げる働きがあり、肥満や成人病の予防・改善が期待される。また、夏バテしている体には嬉しい食欲増進の作用もあるんだとか。

 さらに、女性にとってお得なポイントも。ゴーヤーは、ベータカロチンやビタミンB1、C、カリウム、リン、鉄分などのミネラル類が豊富で、疲労回復はもちろん、オンナの天敵である“むくみ”の解消にもひと役買ってくれる。

 夏野菜ということで、ビタミンCは豊富なだけでなく熱に強いそうで、加熱調理をしても効率的に摂取が可能。ビタミンCは、活性酸素を取り除いてくれるなどの美肌効果も期待できるそうで、強い紫外線によって肌ダメージを受けやすい夏こそ、積極的に食べておくと良さそうだ。


関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube