塩レモンに次ぐブームに? 万能調味料「マッサ」とは

赤パプリカと塩で作る、新たなトレンド調味料「マッサ」

[拡大写真]

赤パプリカと塩で作る、新たなトレンド調味料「マッサ」
 塩麹、食べるラー油、塩レモンなど、近年さまざまなブームが到来する調味料の世界。そんな中、今年のトレンドとして注目されているのが、ポルトガルの伝統時な万能調味料「マッサ」だ。塩漬けして熟成させた赤パプリカの“うまみとコク”が特徴で、ジャンルを問わずあらゆる料理に使用することができる。

 赤パプリカと塩があれば、簡単に手作り&保存ができるマッサ。パプリカの甘みが引き出すコクと、発酵食品ならではのうまみが相乗効果をうみ、たとえシンプルな料理でもプラスすることで、風味がグッと底上げされ鮮明な味わいに。

 料理にかけたり、ディップして食べてももちろんおいしいが、パプリカは加熱しても栄養価が壊れにくいため、炒め物や煮物などにもオススメ。本場ポルトガルでは、日本の醤油やみそのような感覚で、下味付けから隠し味にまで使われているんだそう。食材を選ばないため、サッと作る時短料理にも役立つ。

 そんなマッサの使い方をまとめたレシピ本『マッサ MASSA パプリカでつくる美味しい調味料』(池田書店)が4月15日に登場。毎日のごはん作りに役立つ肉、魚がメインのおかずや、おもてなし料理、おつまみ、デザートまで、バリエーション豊富なメニューを写真と共に紹介している。

 赤パプリカには、ビタミンA、C、Eが豊富に含まれており、体の免疫力UPや生活習慣病の予防など、若さと健康のキープにもピッタリ。これから旬を迎えるパプリカで、レパートリーを広げてみては?


関連写真

関連リンク

タグ
シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube