ジャーサラダにも! 意外な美食材“海苔”を使ったお手軽レシピ

ニコニコのり新商品発表会で紹介された、日本のソウルフード“海苔”を使ったアイデアレシピ(C)oricon ME inc.

[拡大写真]

ニコニコのり新商品発表会で紹介された、日本のソウルフード“海苔”を使ったアイデアレシピ(C)oricon ME inc.
 おにぎりや寿司など、“海苔”は日本のソウルフードに欠かせない食材のひとつ。利用頻度が高く家庭の常備品としてもお馴染みだが、一方で定番メニュー以外の使い道が分からないという人も多い。そんな家庭の悩みを解消する、海苔を活用したアイデアレシピが5日、ニコニコのりの新商品発表会で紹介された。

 海苔は少々頼りない見た目に反し、豊富な栄養を含んだ健康食材。低カロリーでビタミン、ミネラル、食物繊維がたっぷりと含まれているため、健康維持に役立つほか、最近は生活習慣病の予防にも効果的という研究結果も報告されているという。

 また、バツグンの旨味要素を含む食材としても見逃せない。日本の伝統的な旨味成分である、グルタミン酸、イノシン酸、グァニル酸が揃って含まれており、この3つを網羅した天然食品は海苔のみ。旨味たっぷりのため、減塩調理にも役立つのが嬉しいポイント。今回はそんな海苔を賢く使ったレシピを、管理栄養士の磯村優貴恵さんが考案した。

 夏バテ予防やエナジーチャージにオススメなのが、韓国味のりで作った『豚キムチおにぎらず』。海苔とビタミンB1が豊富な豚肉を合わせることで、疲れ知らずのカラダ作りにピッタリ。女性に人気のメイソンジャーに、きのこやさつまいもなど秋の食材を詰めた『秋の美腸サラダ』には、ドレッシングに海苔をプラス。海苔を使うことで、シンプルながらも磯の風味が広がる香り高いドレッシングが簡単に作れるんだそう。

 また、一大ブームを巻き起こしたココナッツオイルを使ったレシピも。ココナッツオイルと相性が良いという。海苔とさつまいもを使用した「豚肉とお芋の照り焼き」は、巻いて焼くだけの簡単調理だが、ごはんのおかずはもちろん、酒のつまみや弁当のおかずとしても重宝しそう。

 おにぎらず専用海苔をはじめ、さまざまなユニーク商品を展開する同社の白羽清正社長は、「主役にはなれないかもしれませんが、食材をつなぐ食品として、これからも海苔業界を盛り上げていきたいです」とコメント。巻く、焼く、溶かす、ちぎるなど、さまざまな調理法に対応する海苔。あなたも賢く日々のメニューに取り入れてみては?



関連写真

関連リンク

タグ
シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube