ボジョレー・ヌーヴォー解禁間近! 試したいチーズとワインの合わせ方

ワインとチーズの美味しい組み合わせは、個性の似た者同士であることがベストだという

[拡大写真]

ワインとチーズの美味しい組み合わせは、個性の似た者同士であることがベストだという
 もうすぐボジョレー・ヌーヴォーの解禁日。普段ワインは飲まないけれど、このお祭りだけは参加している…という人もいるのでは? ワインとのマリアージュといえば、基本のチーズは抑えておきたいところ。そこで、チーズプロフェッショナル協会の佐藤優子さんが「赤ワインとチーズの美味しい組み合わせ」のポイントを伝授!

 「味わいが優しいワインには優しいチーズ。強いワインには強いチーズを合わせることがベストです」と佐藤さん。ワインとチーズは相性が良ので、基本的には好みの味を選べばOKだけど、それぞれの特性を知り“似たもの同士”を合わせれば、さらにおいしく楽しめるとか。

 赤ワインは重厚で複雑な味わいのフルボディ、程よいコクを持つミディアムボディ、フルーティーなライトボディの3つに分けられているけれど、それぞれに合うチーズの選び方って? 「ライトボディのワインには、熟成期間の短いクセの弱いチーズがおすすめ。ミディアムボディには香りの柔らかいチーズ、フルボディには熟成されたクセの強いものを選ぶと良いです」(佐藤さん)。

 具体的には、ソフトタイプのカマンベールやウォッシュチーズなどはライトボディのワインにピッタリ。チェダーチーズはミディアムボディ、ブルーチーズはフルボディが合うんだそう。

 どちらかの個性が強ければ一方の味が負けてしまうので、マリアージュはバランスが大切。ボジョレー・ヌーヴォー解禁が待ちきれないという人は今夜にでも試してみて!


関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube