SNSから新たなブーム 「村井さんちのぎゅうぎゅう焼き」って?

SNSをきっかけに話題となった『村井さんちのぎゅうぎゅう焼き』(写真はKADOKAWA)

[拡大写真]

SNSをきっかけに話題となった『村井さんちのぎゅうぎゅう焼き』(写真はKADOKAWA)
 「おにぎらず」や「沼サン」など、最近ではSNS投稿をきっかけにブームが生れている。そんな中、新たに注目を集めるのが『村井さんちのぎゅうぎゅう焼き』だ。考案者の村井理子さんがTwitterにあげたところ話題となり、今では「♯ぎゅうぎゅう焼き」、「♯村井さんちのぎゅうぎゅう焼き」など、ハッシュタグを合計すると2000件以上と広がりを見せ、12月4日にはレシピ本『村井さんちのぎゅうぎゅう焼き』(KADOKAWA/税別1000円)が登場したりと、勢いが止まらない。

 人気の理由は、“材料切って、天板にぎゅうぎゅうに詰めて、オーブンで焼くだけ”のシンプルな調理法。皮ごとの野菜や肉などをザクザク切り、天板に詰め、オリーブオイルと塩で味付けをしてオーブンで焼くだけ。じっくり火を入れることで、具材のうまみが凝縮され驚きのおいしさが生まれるという。また、ほったらかしてる間に完成するため、忙しい時でも時間をかけずに作れる点も嬉しいポイント。

 そのほか、見栄えが華やかでインパクトがある点も支持を集める理由のひとつ。冷蔵庫の残り野菜を使っても、いいかげんに作ってもゴージャスに仕上がるので、おもてなし料理としても評判だとか。

 同書では、バリエーション豊かな40レシピを展開。おいしい具材の組み合わせ方や、さらに風味豊かになるスパイスの組み合わせ方、さらには、1〜2種類の少ない具材を並べて作る新ジャンル「整列焼き」も紹介されている。


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube