TOP Life-Style Recipe > いつでもポカポカ冷え対策に! 生姜パウダーお手軽レシピ

いつでもポカポカ冷え対策に! 生姜パウダーお手軽レシピ

いつでもポカポカ冷え対策に! 生姜パウダーお手軽レシピ

ショウガのヒミツと賢い選び方

 体がポカポカと温まるショウガパワー。近ごろは冬に近づくとショウガを使った商品が続々と発売されています。生のショウガに多数含まれる「ジンゲロール」は殺菌対策として重宝されていますが、これからの季節に大活躍するのが、ショウガを加熱することで増える「ショウガオール」です。

 さらに注目を集めているのが蒸しショウガ。ショウガを蒸し、乾燥させることで「ショウガオール」が増加。さらに、脂肪燃焼をサポートするためダイエットにも良いと言われているのです。

 この蒸しショウガを粉末状のふりかけにすれば、さまざまな料理に使えてとっても便利!漢方で買うとそこそこ値段がはりますが、自分作るならショウガ代&光熱費のみで済んじゃうのです。「とはいえ手間がかかるのは面倒」という方のために、シリコンスチーマーを使った簡単レシピを紹介します。

ショウガの選び方

皮に傷やシワがなく、全体的につややかで固く引き締まったものを選びましょう。切り口が変色したり、しなびているものは日数が経っているものなので注意しましょう。

ショウガの保存方法

 冷蔵庫にそのまま入れて保存すると、切り口から乾燥したり、カビが生えたり。
ショウガは、乾燥を防ぐように濡らした新聞紙やキッチンペーパーに包んでポリ袋に入れ、涼しい場所や冷蔵庫の野菜室などで保存すると長持ちします。
 もしくは、水を入れた密閉できる容器に入れて冷蔵庫で保存するという方法も。この場合はこまめに水を取り替えてください。
 長期保存をしたいときは、すりおろして冷凍するのが良いでしょう。

ショウガパウダーの作り方

おろしたり料理に入れたり薬味として刻んだり。ショウガは色々な使い方ができますが、いつでもどこでも持ち歩ける素敵な方法が、パウダーにしたもの。「蒸して干す」とさらにショウガパワーがUP! そんなショウガパウダーの作り方をご紹介します。
【1】 汚れた部分だけ皮を剥いて洗い、厚さ1mm幅にスライスする。
黒くなった部分だけ皮を剥き、縞模様に平行してスライス。繊維が固いので気をつけて切りましょう。
【2】 スライスしたショウガを蒸す。
シリコンスチーマーを使うと簡単です。スチーマーにスライスしたショウガを並べ電子レンジで約10〜15分加熱。甘い香りがしてきたら完了の合図。
【3】 天日干し、もしくは室内乾燥をさせる。
蒸しあがったショウガを重ならないように並べて干す。天日干しなら1日、室内干しなら1週間くらいで完成!乾燥が充分ではないとカビが生えやすくなるので、カリッとするまで干しましょう。
 ※注意!
乾燥させるために電子レンジを使うと乾燥したショウガが燃える可能性があるので絶対にやめましょう。
【4】粉末にすると便利
乾燥させたショウガは、密封容器にいれて約3ヶ月くらい保存できます。
そのまま入れていただいてもOKですが、いろんな料理や飲み物に入れるなら、フードプロセッサーや小型ミキサーなどをつかって粉末状にすると便利! (粉末にすると湿気やすくなるので早めに使い切りましょう)

『ふりかけるだけ』ショウガの活用法


紅茶…好きな濃さに入れた紅茶にショウガを入れる。
ジンジャートースト…食パンに、バター、メイプルシロップを塗り、ショウガをかけて焼く。
チャーハン…市販のチャーハンの上にショウガをかける。(市販の焼きそばなどでもOK)
鍋…お好きな鍋の薬味としてかける。

などなど、いろんな料理に使えます。eltha編集部も試してみたところ、カレーやお肉料理など、スパイスを活用する料理は特にマッチしました。

もっと詳しく知りたい方は…

『病気にならない蒸しショウガ健康法』

 漢方薬処方を中心とするイシハラクリニックの石原新菜副院長が手掛けた蒸しショウガ本。ショウガパワーをやさしく解説しているほか、蒸しショウガふりかけの作り方なども紹介しているます。

著者 石原新菜
価格 税抜1200円
出版社 アスコム
シェア Google+

おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube