TOP Life-Style Recipe > キレイになれるお手軽レシピ動画 川村ひかる「賢食健美」Vol.5 桜えびと漬けキャベツのペペロンチーノ

キレイになれるお手軽レシピ動画 川村ひかる「賢食健美」Vol.5 桜えびと漬けキャベツのペペロンチーノ

■今回のレシピ…桜えびと漬けキャベツのペペロンチーノ


ダイエット中も賢く満腹に 漬けキャベツのパスタ

 夏を目の前にしてダイエットを始めた人も多いはず。でも過度な食事制限はストレスとなりリバウンドの原因になることが…。たくさん食べて満腹感が得られるキャベツを使った「桜えびと漬けキャベツのペペロンチーノ」を、健康管理士や野菜ソムリエなどの資格を取得し、現在は食と美容の分野でも活躍しているタレントの川村ひかるさんが紹介してくれました。

 川村さんのおすすめポイントは、キャベツはあらかじめ漬物にしておくこと。水分が抜けるほか、酵素が豊富に含まれるんだそう。そのほか、「キャベツに含まれるボロンというミネラルは女性ホルモンの一種であるエストロゲンの分泌を促し、バストアップをサポートしてくれます」(川村さん・以下同)という、女性に嬉しい情報も…。川村さん自身も、グラビアアイドル時代のダイエットには、夕飯時の炭水化物を控え、そのぶんキャベツを生のままたくさん食べていたとか。

 今回紹介されたパスタのポイントは、パスタを半分に折ること。「炭水化物であるパスタの量を減らして食物繊維が豊富なキャベツを多めにすると満腹感が得られますし、便秘も解消するのでダイエットをサポートしてくれますよ」とのこと。

 お手軽料理の定番食材であるキャベツに秘められたビューティーパワー。今回のパスタメニューはもちろんのこと、さまざまな形で取り入れてみて。 〜材料と作り方〜
【材料】(1人分)
干し桜えび…大さじ1.5
キャベツの漬け物…1/4個(ひと口サイズに切る)
パスタ…100g(半分に折る)
にんにく…1片(みじん切り)
オリーブオイル…大さじ1.5

赤唐辛子…適量
塩…適量
こしょう…適量

【作り方】
【1】パスタを半分に折って茹でる。
【2】オリーブ油、桜えび、唐辛子、にんにく、キャベツを炒めたら、パスタのゆで汁を少々加える。
【3】茹で上がったパスタを【2】にあわせて、お好みで塩こしょうをする。

Profile

川村ひかる
1979年10月18日生まれ。グラビアアイドルとして活躍した後、JAAアロマコーディネーター、健康管理士、野菜ソムリエジュニアマイスター、発酵プロフェッショナルの資格を取得。複数の資格を活かし、現在は健康やダイエット、アンチエイジングについて講演やセミナーを行っている。
公式ブログ:http://ameblo.jp/hikaru-kawamura/

川村ひかる「賢食健美」 バックナンバーはこちら

 ■Vol.4 乳酸菌が豊富 お手軽水キムチ


 辛いものやニンニクが苦手な人でもさっぱりと食べられる「水キムチ」は、植物性の乳酸菌が豊富。腸内環境が整い便秘解消・美肌効果も期待できます。汁をスムージーの水の代わりに入れれば“発酵スムージー”となるのでおすすめです。

 ■Vol.3 お手軽ぬか漬け作りのポイント


 生野菜をちょっと漬けるだけで酵素がプラスされ、保存もきく「漬け野菜」は、美容と健康を手助けする優秀メニュー。野菜の繊維とビタミン、ミネラル、ポリフェノールがそのまま食べられること。さらに、乳酸菌も多く摂取する事ができる点も魅力です。

 ■Vol.2 あま〜い春キャベツのヘルシー豚肉巻き


 薄着になっていくこれからの季節はボディラインが気になりやすいもの。ダイエットを意識している人にとっても、キャベツは便利な食材なんだとか。歯ごたえがあるのでよく噛む事により満腹感が得られ、食欲を抑える事が出来る点もポイント。クエン酸豊富な梅干しをあわせてサッパリいただいて!

 ■Vol.1 お肌ツルツル ふわふわ納豆オムレツ


 美肌を作ったり女性的な魅力を高めたりと、女性ホルモン(エストロゲン)に似た作用を持つことで注目されているイソフラボン。日本人に馴染み深いのが豆腐や納豆などの大豆イソフラボンです。オムレツに納豆を乗せ、ネギを散らす和のレシピ。お手軽さはもちろんのこと、“朝食のお供”という印象が強い納豆を、夕食のおかずに加えられる点も魅力です。

シェア Google+

おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube