TOP Life-Style Recipe > “加えるだけ”で減塩&コク増し「牛乳」活用時短レシピ

“加えるだけ”で減塩&コク増し「牛乳」活用時短レシピ

“加えるだけ”で減塩&コク増し「牛乳」活用時短レシピ
生活習慣病のリスクを高める可能性があるという「塩分の摂り過ぎ」。健康時における塩分摂取の推奨値は、男性9g未満、女性7.5g未満ですが、多くの人が摂り過ぎているというのが実際のところ。特に女性は、むくみを防ぐためにも十分気をつけたいですよね。外食時はなかなか難しいと思うので、せめてお家ごはんから減塩を心がけてみましょう! 今回は、加えるだけでおいしく簡単に減塩メニューが作れてしまう、驚きの「牛乳」活用術をご紹介します。

高血圧の大元凶は、塩分の摂り過ぎ

 日本人の3人にひとりが“高血圧”といわれている現代。血圧が高いと、心不全や心筋梗塞、脳卒中といった循環器疾患による死亡率が高まるだけでなく、それにより寝たきり生活の原因にも。高血圧は、いろいろな病気の“諸悪の根源”といわれています。

 血圧を上げる要因には、食べ過ぎ、飲酒、喫煙、運動不足などの、さまざまな生活習慣が該当。なかでも「塩分の摂り過ぎ」は、しょうゆや味噌などの調味料を多用する日本人にとって、大元凶といわれています。高血圧は慢性化しやすく、後で苦労しないためにも、いまの内から予防や対策をしておきたいものですね。

牛乳が減塩調理に向いているワケ

 減塩調理と聞いて、どんな印象を受けますか? 「薄味でおいしくなさそう」、「調理が複雑で手間がかかりそう」、「材料を揃えるのが大変そう」、「調理に時間がかかりそう」…などの感想をお持ちの方が多いと思います。

 そんな、減塩調理のマイナスイメージを解消する、目からうろこの食アイテムこそが牛乳なんです。牛乳の旨味とコクを上手に活用することで、塩分を控えてもおいしく食べることが可能に。もちろん、味やニオイは気になりません。特別な材料を用意する必要もなく、普段の調理手順に“加えるだけ”なので、気軽に減塩生活をエンジョイすることができるのです。

 牛乳の主成分・乳脂肪には、中性脂肪を燃やす働きがあり、カロリーやコレステロールが気になる方もご安心を。また、日本人に不足しがちなカルシウムを効率よく摂ることもできてしまいます。さらに、水やだしの代わりとして使用したり、乾物を戻す時、食品のつなぎとしてなど、使い方次第では調理時間を省くことができるメリットも。まさに、良いとこ取りの方法なんです。

レシピ特集バックナンバー

■注目のヘルシー香味料 レモン塩レシピ


 テレビなどでも話題の「レモン塩」は、素材の美味しさを引き出してくれて、どんな料理にもぴったりな万能調味料。余分な油や調味料も必要ないのでとってもヘルシーにいただけます!

■コラーゲンたっぷり ゼラチン活用レシピ


 ゼラチンは無味無臭なので、どんな素材にも合わせやすい素材。なにより大きなポイントは、ゼラチンの元はコラーゲンだということ。おいしくてキレイになれるコラーゲン、積極的に摂ってみては?

■手間いらず! 缶詰活用時短レシピ


 近年、本格派の商品が増え話題の缶詰。そのまま食べても十分おいしいですが、料理に“ちょい足し”するだけで風味が豊かになったり、ちょっとしたおもてなし料理にだって早変わり!

1 2 3 >

シェア Google+

おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube

オススメ記事