TOP Beauty Cosme > ダメージヘアの悩みを解消 Vol.7

毎日使うからこそ知りたい!ドライヤーの賢い使い方

髪を洗ったら必ずドライヤーで乾かしましょう。ただし、乾かし方にもコツがあり、使い方を間違えるとヘアダメージを加速させることに…。髪のダメージを最小限に抑える、賢いドライヤーの選び方・使い方を知りましょう。

ドライヤーは必ず使って!

ドライヤーは必ず使って!

ドライヤーの熱より「濡れた状態」の方が危険!

髪の成分はほとんどがタンパク質!

ドライヤーの熱が髪によくない事は周知の事実ですが、だからといって自然乾燥は危険です。濡れた髪はキューティクルが開いた状態になっているためとてもデリケート。髪同士がこすれたり、チリやほこりなどが髪に付着することで、髪はどんどん傷んでいくのです。

とはいえ“乾かしすぎ”はさらなるダメージに

また、いつまでも温風を当て続けていると、髪にダメージを与えてしまいます。パサパサになるほどに乾かすと、髪の内部まで乾燥してしまいます。乾燥の目安で言うと8.5割から9割程度。「ほどよいしっとり感はありつつも、湿ってはいない状態」が理想です。

覚えておきたいドライヤーのコツ

覚えておきたいドライヤーのコツ

マイナスイオン付きや温風&冷風のW送風を活用

今はさまざまなドライヤーがありますが、ダメージケアを考えた製品の選び方についてMINX原宿店代表・池戸裕二さんに伺いました。「最近はマイナスイオンが出るタイプのドライヤーの方が良いです。また、最近のドライヤーだと熱い風と冷たい風が交互に出るようなものも多いんです。熱い風をずっと当て続けるよりもおすすめです」。

【Adviser’s Profile】

MINX原宿店代表・池戸裕二さん
 有名ヘアサロン・MINX内の「B-1(ブランディングチーム)」フェミニンチーム、「薬剤研究チーム」sプロに所属。毎シーズントレンドを取り入れた最旬スタイル、ダメージレスなパーマやカラーを提案。サロンワークのみならず、一般誌、業界誌、国内外のセミナーなど、幅広く活躍する人気スタイリスト。タンパク質に着目した美容習慣を提案する「タンパク質美容推進委員会」でも一流ヘアスタイリストの視点から、ダメージヘアの予防法等をアドバイスしている。
MINX Webサイト
タンパク質美容推進委員会

そのほかのダメージヘアケア記事はこちら

P R 
ダメージヘアの原因、それは…“タンパク質のゆがみ”でした。生命感を呼び覚ます!ラックスバイオフュージョン
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube
深刻なダメージヘアに生命感を呼び覚ます 毎日の3STEPケア ラックスバイオフュージョン 詳しくはこちら