TOP Trend&Culture love > Column > なぜ終わりを迎えてしまう?「別れのパターン」にはルールが隠れている

なぜ終わりを迎えてしまう?「別れのパターン」にはルールが隠れている

2015/03/20

別れ

こんにちは。OKラインメンタルトレーナーの清水利生です。

毎回、同じような原因で付き合っている彼との「別れ」を繰り返しているなと感じることはありませんか?

・付き合ってみたら彼の嫌なところが気になりはじめ気持ちが冷めてしまう
・付き合い始めてみると、いつも同じような時期に別れたくなる
・付き合う前は楽しいけど付き合うと気持ちが冷めてしまう

など、毎回同じようなパターンで別れてしまう人にはどんな対処法が必要なのでしょうか?

別れのパターンからわかること

いつも同じような恋愛を繰り返してしまう人には自分自身のなかでのルールが影響していることがあります。これは意識して決めているルールではなく、無意識に行っているルールであることがほとんど。

そのため、自分自身でも気づかないうちに同じことの繰り返しをしてしまうのです。これは過去の経験が大きく影響していると言われていて、意識してもなかなか治せるものではありません。

例えばダメ男に毎回引っかかってしまう人は、ダメ男に引っかかっているのか、自分がダメ男を選んでいるのか?という疑問が起きます。選んでいるつもりはなくても、無意識にダメ男に頼られている自分に価値を感じている状態だと、ダメ男といた方が居心地は良いはずです。
すると無意識に価値を感じる自分を選んでしまい、自らダメ男を選んでいる状態になるのです。

無意識のルールから抜け出し、自分を幸せにするには

では無意識のルールから抜け出すには何が大切なのでしょうか。

ポイント(1)自分のルールに気付く
簡単なようで難しいのがこの「自分ルールに気付く」ということ。当たり前に行っていることを見つけるには自分のことに興味を持たなければなりません。これは簡単ではなく、自分との対話が必要です。

ポイント(2)影響している感情を持ったまま行動する
自分のルールに気付いたら次はそのルールがいつからなのか、なぜこんなルールが作られたのか探ってみてください。何かきっかけがある場合はそのきっかけを探ってみることで自分自身がなぜそのルールから抜け出せないか理解することができます。

例えば、自分から告白はしないというルールを持っていた20代の女性は、過去に自分から告白をして失敗し、深く傷ついた経験がありました。
その経験が影響し、自分から告白することは傷つくことという感情を味わってから、自分からは告白しないというルールができあがっていました。しかし彼女にとっての幸せは大好きな人と安心できる恋愛をすること。

本来付き合い方はどのような形でも良く、自分から告白しないというルールによって自分の可能性を狭めてしまっていました。
このような自分のルールを外し、幸せをつかんでいくにはルールを意識して変えていくことが必要。傷付かないことがゴールになるのではなく「本来の幸せをつかむ」ための行動を意識していくことが大切です。

自分の恋愛のルールには過去に味わった感情が大きく影響していることがあるため、その原因でもある感情を理解し、その感情を持ったまま幸せのための行動を起こしていくことが自分の失敗恋愛から抜け出す第一歩になります。幸せな恋愛をするために勇気を持って行動を起こして行きましょう。

OKラインメンタルトレーナー  清水利生

元プロフットサル選手。自身が選手時代にメンタルトレーングを受けたことがきっかけで、メンタルトレーナーに転身。丸の内朝大学「心理メソッドクラス〜恋愛から心理を学ぶ〜」講師や、恋愛やストレスをテーマに気軽に心理学を学ぶ「ゆる心理学クラス」の講座担当している。



シェア Google+

関連記事

P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube

オススメ記事