「誰より好きなのに」古内東子が一般男性と結婚

40代一般男性との結婚を発表した古内東子

[拡大写真]

40代一般男性との結婚を発表した古内東子
 ヒット曲「誰より好きなのに」などで知られるシンガー・ソングライターの古内東子(39)が40代の一般男性と結婚していたことが29日、わかった。同日、自身のブログで「私、古内東子は、一般男性(40代)の方と先日入籍をいたしました」と報告し、手書きのメッセージを寄せた。

 古内は1993年2月にシングル「はやくいそいで」でメジャーデビュー。読売テレビ・日本テレビ系ドラマ『俺たちに気をつけろ。』の挿入歌に起用された7thシングル「誰より好きなのに」(1996年5月22日発売)が19.5万枚(オリコン最高位35位)と自身最大のヒット曲となるなど、恋愛系の曲を多く発表し人気に。

 今回、妻となった古内は「シンガーソングライターとして、ひとつでも多く心に届く曲を書き、そして歌っていけるよう、より一層気持ちを引きしめてまいります。今後ともどうぞよろしくお願いいたします」と、歌手として気持ち新たにしている。


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube