大人の女が目指すべき“キレイ”って?

ヘアメイクアーティストの藤原美智子さんの著書『大人のキレイのつくり方』(PHP研究所・税込660円)

[拡大写真]

ヘアメイクアーティストの藤原美智子さんの著書『大人のキレイのつくり方』(PHP研究所・税込660円)
 “大人女子”や“美魔女”など、アラフォー世代のカワイイ&若々しい女性を表す言葉が多く登場している昨今。でも、若い女の子と同じファッションやメイクでは“イタい女”になりかねないし、エイジングケアをどんなに頑張っても20代の頃の肌には戻れない。美しく歳を重ねるために必要なこととは…? 多くの女性が抱いているそんな悩みについて、ヘアメイクアーティストの藤原美智子さんが著書『大人のキレイのつくり方』(PHP研究所・税込660円)で、100のヒントを紹介している。

 美のプロフェッショナルとして、多くの女性たちに影響を与え続けている藤原さん。『「きれい」への77のレッスン』を加筆、再編集した同著では、多くの女性たちと接してきた中で実感した“大人のキレイ”について語ったもの。この中で、藤原さんは「たくさん悩んで、試して、失敗もする。そんな経験を重ねるうちに“自分”がわかってくるのが20代。それを経て、30代になってやっと“自分のスタイル”が完成されていくのではないかしら」と持論を展開している。

 自分らしさを持った女性は、それだけで美しく輝くもの。迷い、傷つき、たくさん失敗した20代を乗り越えて得た“今の自分”に自信を持っている人は、目尻のシワだって十分魅力的に見える。とはいえ、自分に自信がある女性は“大人の女が目指すキレイとは?”などという悩みを抱えることはないはず。今の自分に自信がない、これからどうするべきか分からないから、悩んでしまうのかもしれない。

 同著ではそんな迷いに対し「まず、なりたい自分をイメージすること。そべては、そこから始まります」とアドバイス。メイクやスキンケアなど外見の磨き方はもちろんのこと、「好きなものが自分の個性につながる」「長所も欠点も“きれいの素(もと)”」「40代になるとかわいらしさが出てくる」「ないものねだりをするよりも、持っているものを磨いたほうが成長できる」など、見過ごしがちな“心の在り方”を一つひとつていねいに紹介している。

 同著は見開き構成になっており、どのページを開いても“キレイのヒント”がパッと読める点も特徴。迷いが生じた時に読み返す、参考書的な1冊にぜひ。

【こちらもチェック☆ eltha最新特集】

♪♪マッサージから食事まで… アンチエイジング徹底解説♪♪

♪♪「美人ブス」「ブス美人」におぐねーが喝! みんなの美容意識大調査♪♪


関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube

オススメ記事