「男子のシルバーアクセ率は70%」 街コンのリアルがわかる、“負け美女評論家”の体験レポ

人気の街コン、集まる人々の傾向やイベントの流れは…?

[拡大写真]

人気の街コン、集まる人々の傾向やイベントの流れは…?
 いろいろなレストランや居酒屋の料理を食べ歩きながら、さまざまな異性と話せることで昨今人気の街コン。「出会いがない」と嘆くシングルにとっては有難いイベントですが、一体どんな人たちが集まっているのか?と気になる人も多いはず。年齢層は? 参加者の傾向は?  “負け美女評論家”の犬山紙子さんがみずからの街コン体験をもとにしたエッセイ『街コンのホントのところ―イケメンも案外いる―』(新人物往来社・定価1260円)では、そんな街コンに対する疑問や、イベント中の独特の雰囲気をイラスト付きで紹介しています。

 同書籍でレポートされている街コンは、渋谷、中野、赤羽、品川、足立、中華街、青山一丁目、荻窪の8ヶ所。会場にいる男女の見た目や会話の内容、齢30を過ぎた“お年頃女子”の扱われ方など、犬山さんが料理を食べ、男性と話したその体験をもとに構成されています。

 「男子のシルバーアクセ率は70%」というのも犬山さんが体験して感じたこと。気合が入りすぎるあまりか、シルバーのアクセサリーを付けている男子が多かったんだとか。そのほか、意外にも20代が多いこと、年下男性に実年齢を伝える時の、ちらりと躊躇する気持ち…。体験した人にしかわからない、さまざまな出来事が紹介されています。

 さまざまな恋愛遍歴の末、傷つくことを恐れて恋ができなくなっている大人の女は多いもの。犬山さんも恋をしたいと思っていても、心がそれを阻んでしまう状態であった自分が「男性に対して“少しいいな”と思えるようになった」と、街コン後の変化について述べています。「街コンは6〜10人と、大量の男性と話す機会があります。これって恋愛のリハビリにはすごく良い状況なんですよね」(同著より)。

 犬山さんの目線を通して参加した気分になれる同著。街コンに関心がある人は、予行練習がてら読んでみては?

【こちらもチェック☆ eltha最新特集】

♪♪マッサージから食事まで… アンチエイジング徹底解説♪♪

♪♪「美人ブス」「ブス美人」におぐねーが喝! みんなの美容意識大調査♪♪


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube