本谷有希子、作詞家の御徒町凧と結婚 両氏ブログで報告

詩人で作詞家の御徒町凧と結婚した本谷有希子 (C)ORICON NewS inc.

[拡大写真]

詩人で作詞家の御徒町凧と結婚した本谷有希子 (C)ORICON NewS inc.
 劇作家で女優の本谷有希子(33)が7日、詩人で作詞家の御徒町凧(おかちまち・かいと、35)と結婚した。8日付の自身のブログで発表した。

 本谷は「5月7日に、身内を中心としたささやかな式をあげて、その足で婚姻届を出しに行き、晴れて夫婦となった次第です」と報告。続けて「とても愉しい結婚式だったので、ぜひもう一度でも二度でもやりたいくらいですが、明日からはまた日常に戻り、自分の中に湧く創作意欲を高めて、日々を過ごそうと思います」と喜びをつづっている。

 一方、御徒町も6日に「願わくば」と題したタイトルでブログを更新し、「結婚式も目前となり慌ただしさが少し治まってきた」など心境を報告。さらに、本谷のことを「ユキ」と名前で呼んでいることも明らかにしている。また、ブログの最後では「この眠りが、夢を越えればよいだけのこと、願わくば」など、作詞家らしい表現を交えながら喜びをつづっている。

 本谷は、『劇団、本谷有希子』の主宰を務め、09年には『幸せ最高ありがとうマジで!』で岸田國士戯曲賞を受賞。『生きてるだけで、愛。』が芥川賞候補となり、同年の日本を代表する女性『ヴォーグ ニッポン ウィメン・オブ・ザ・イヤー』を受賞。今年は、『嵐のピクニック』で大江健三郎賞を受賞している。

 御徒町は、詩人活動をはじめ、作詞家としてシンガー・ソングライターの森山直太朗氏(37)と共作で活動している。

 


関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube

オススメ記事