切迫流産の診断も 高島彩が妊娠中の生活を語る「情緒不安定な日々」

高島彩アナウンサー (C)ORICON NewS inc.

[拡大写真]

高島彩アナウンサー (C)ORICON NewS inc.
 人気デュオ・ゆずの北川悠仁の妻であり、10月2日に第1子妊娠を発表したフリーアナウンサーの高島彩が、22日発売の女性ファッション誌『GINGER』(幻冬舎)1月号の連載エッセイで、切迫流産の診断を受けたことを明かしている。

 診断を受けたのは妊娠を公表した直後のことで、医師の「絶対安静」の言葉に従いベッドに横になる生活へ。北川が多忙ながらも家事等の手伝ってくれるものの、その優しさと何もできない自分、どうすることもできない自分にストレスを感じて涙することもあったという。現在は流産の危機から脱している。

 公表前の妊娠5ヶ月頃にはつわりと食あたりで体重が激減したほか、切迫流産の危険性などから情緒不安定に。思わぬマタニティブルーを本音で綴っているほか、妊婦の身体の変化、ブルーな気持ちを晴れやかになった行動など、妊娠中の今だから語れるエピソードを語っている。

 高島と北川は2005年の出会いから6年をかけ、2011年10月に結婚。出産は来年2月を予定している。


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube