西川史子「彼を苦しませていたかも」 後悔にじませる

離婚を発表した西川史子 (C)ORICON NewS inc.

[拡大写真]

離婚を発表した西川史子 (C)ORICON NewS inc.
 女医でタレントの西川史子(42)が11日、福祉関係の会社役員(39)と離婚した。所属事務所を通じてFAXで発表。協議離婚が成立し、同日に都内区役所に離婚届けを提出した。

 4年間の結婚生活にピリオドを打った西川は、直筆でコメントを寄せ「『結婚とは、こうあるべきだ』とか『夫婦とは、こうあるべきだ』と自分で結婚生活のハードルを上げてしまった私は、この4年間ずっと彼を苦しませていたのかもしれません」と明かし、「大好きで結婚したのに、常に3歩前を歩いてしまう性格の私は、可愛い奥さんになれませんでした」と後悔をにじませた。

 離婚は1年前から考え始めていたといい、昨年11月から別居。その後、何度も話し合いをしたが、年明けに離婚を決意した。理由については「私には、彼が一緒にいたいと思える空間、お互いが安心できる空間を作ることができませんでした」とし、「がんばったけれど、離婚した方がお互いのためにいいと思い、決意しました」と説明。慰謝料などはないという。

 また、夫に向けて「こんな私をお嫁さんにしてくれた彼には、心から心から感謝しています」と綴っている。二人は、2010年2月に結婚した。


関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube