“新婚”荒川静香、出会いは「お見合い?」 生活は「まだ一緒にしてない」

新婚生活を明かした荒川静香 (C)ORICON NewS inc.

[拡大写真]

新婚生活を明かした荒川静香 (C)ORICON NewS inc.
 昨年12月に、かねてより交際していた一般男性と結婚した、トリノ五輪女子フィギュアスケート金メダリストで、プロスケーターの荒川静香(32)が1日、日本テレビ系『メレンゲの気持ち』に出演。夫との馴れ初めをはじめ、“新婚生活”について明かした。

 「ご結婚おめでとうございます」とMCの久本雅美、高橋真麻らに出迎えられた荒川だが登場早々、久本からは「結婚っていいもですか?」と質問。「ハイ! そうですね」「子ども時から、適齢期になったら自然に出来るものだと思ったけど、そうじゃなかった」と笑顔で話す荒川に、久本は「自然に出来るわけじゃないことくらい、分かってますよね!?」と厳しいツッコミで笑わせた。

 夫との出会いについては「私の母親を通じて、知人の方に結婚していない人がいるってと聞いて」と明かし「あまり期待はしてなかったし、最初はあまり乗り気ではなかった」と告白。それでも対面すると「その時は珍しく、お互い連絡を取って、タイミングが合ったんじゃないかな」と照れ笑いを浮かべた。久本から「お見合いみたいな?」と聞かれると、「そんな感じですね」と返答した。

 交際期間は2年弱という荒川。夫を好きになった理由には「彼がテレビを持ってない人で、最初の出会いから、お互いが知らないところからはじまったのが良かった」といい、「同じくらいのスピードでお互い分かっていけたのも良かったですね」と説明した。

 番組では荒川の自宅も撮影され、久本が「旦那さんと過ごす時間も大切にされている感じで」と振ると、苦笑いを浮かべた荒川は、「まだ、一緒に生活してないんですよ」と激白し、「私が2月から1ヶ月(ソチ五輪で日本に)いないので。忙しい時に無理して一緒になっても…でも週末は会っていますよ」と語っていた。

 荒川は昨年12月29日の自身の誕生日に「32歳を迎えた私にとって、新しい一歩を踏み出す日となりましたことをご報告させていただきます。予てよりお付き合いさせていただいていた方と、本日婚姻届を提出いたしました」と結婚を報告していた。


関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube

オススメ記事