西川史子、離婚はマネージャーが決断していた テレビで衝撃告白

離婚はマネージャーが決断したことを明かした西川史子 (C)ORICON NewS inc.

[拡大写真]

離婚はマネージャーが決断したことを明かした西川史子 (C)ORICON NewS inc.
 医師でタレントの西川史子(42)が18日、フジテレビ系『ごきげんよう』(月〜金曜後1:00)に出演し、自身の離婚を担当マネージャーが決めていたことがわかった。

 西川は、オープニングのコーナーで担当マネージャーから『激レア情報』として「離婚してから買い物をする時、自分で決められなくなった」と暴露されると、「離婚さえもアリマさん(マネージャー)に決めてもらいましたからね」と告白。衝撃の事実に司会の小堺一機ら出演者は「え〜」と驚愕していた。

 さらに、これまで学校や仕事など人生の選択をいつも親が決めていたといい、「はじめて自分で決断したのが結婚だった」としんみり。「それが失敗したんですよ。そしたらもう自分の決断に自信がなくなった」と吐露し、肩を落とした。

 離婚後は、家電や引き出物のカタログまですべてマネージャーが選んでいるとし、自分がよいと思うものがあっても「アリマさんの言うとおりにする」と話した。


関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube

オススメ記事