武田久美子、再婚するなら「ハーフ」 離婚発表後初公の場

離婚後初めて公の場に登場した武田久美子 (C)ORICON NewS inc.

[拡大写真]

離婚後初めて公の場に登場した武田久美子 (C)ORICON NewS inc.
 タレントの武田久美子(45)が6日、都内で著書『武田久美子プロデュース -5才Bodyメイク 魅せる矯正キャミ』(小学館刊)発売記念イベントを行った。2000年に結婚したアメリカ人男性との離婚を発表後、初めて公の場に登場した武田は「生まれ変わっても一緒になりません。グッバイ、ジェームス!」と晴れやかな表情。離婚後は「一生独りでいようと思っていないけれど、今は独身を楽しみたい」といい、再婚相手のタイプについては「何人がいいかしら…。日本とどっかのハーフがいい」と希望を明かした。

 離婚理由については「考え方の違いです。すれ違いが広がって大きくなって、最終的には愛情が全くなくなった」と説明。昨年暮れにジェームス氏から電話で離婚したいと告げられ、「2年くらいうまくいっていなかったので、ついにきたなって思った」と当時を振り返った。

 11歳の娘がいる武田は「離婚を告げたときに泣いていて、娘には一番悪いことをした」と思いやり、「今までどおり、仕事は子どもを育てることがメイン」と宣言。それでも、「一度は演技を勉強したので、もう1回ドラマや映画に出てみたい」と女優業に意欲を見せた。

 現在は離婚調整中の段階と明かし、「国際離婚は面倒」と愚痴も吐露。武田が在住しているカリフォルニア州の法律により「どんなに互いに否があっても財産は半分、親権も半分。でも、(親権の)主導は私」といい、「今までは出張でほとんど家にいなかったのに、向こう(ジェームス氏)に主導権があることが腑に落ちなかった」と話していた。


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube